• 三国志 (漫画)
  • 作中用語・組織等
  • 黄巾族の乱

黄巾族の乱

黄巾族の乱

三国志(漫画)に登場する架空の宗教結社による武装蜂起。読みは「こうきんぞくのらん」。

登場作品
三国志(漫画)
正式名称
黄巾族の乱
ふりがな
こうきんぞくのらん
関連商品
Amazon 楽天

概要

太平道の教祖張角を首領とする農民反乱であり、構成員が黄色い頭巾を頭に巻いた事から、この名がついた。「蒼天已死 黄夫當立(蒼天すでに死す 黄夫まさに立つべし)」という漢王朝の衰退を暗示する歌い文句を掲げている。

登場作品

三国志

中国後漢時代の末期、王朝の衰退と共に世は乱れきっていた。政治は腐敗し、民は飢え、宗教結社による武装蜂起黄巾賊の乱があちこちで勃発していた。漢王室の末裔である劉備玄徳は乱れた世を立て直すべく、2人の豪傑... 関連ページ:三国志

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

登場作品
三国志
logo