黄泉比良坂

黄泉比良坂

マガツクニ風土記(漫画)に登場する用語。読みは「よもつひらさか」。

登場作品
マガツクニ風土記(漫画)
正式名称
黄泉比良坂
ふりがな
よもつひらさか
関連商品
Amazon 楽天

概要

人のいる世界とマガツモノの住まう世界をつなげる時空の歪み。かつて、ここからマガツモノが襲来したことにより、人類は滅亡寸前まで追い詰められ、やがて反撃に転じてマガツモノ黄泉比良坂へ追い返したとされている。しかし、黄泉比良坂の実体は、かつて人類の作り出した“穢れ”と呼ばれるものを彼方の世界に追いやるために作られた巨大な装置であり、その結果マガツモノをこの世界へと呼び寄せることになってしまっていた。

登場作品

マガツクニ風土記

山村で退屈を感じつつ、穏やかに暮らしていたカズチは、神託によって神都を守る神防人に選ばれる。神防人を輩出した村は税が減免されることもありカズチは神防人として神都に赴く。しかし、神都ではカズチの想像とは... 関連ページ:マガツクニ風土記

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

登場作品
マガツクニ風土記
logo