黄 蘭青

黄 蘭青

鉄鍋のジャン!(漫画)の登場人物。読みは「こう らんせい」。

登場作品
鉄鍋のジャン!(漫画)
正式名称
黄 蘭青
ふりがな
こう らんせい
関連商品
Amazon 楽天

概要

百蘭王の実の孫。他人の作ろうとしている料理を一瞬で把握することができる、卓越した洞察力を持つ。そこから瞬時に対策を立て、より優れた料理を作り上げる「料理は半歩先」が信条。五味と美しさ、香りに加え、「食感」を重視した料理を得意とする。常に笑顔を絶やさないため一見すると好青年だが、人を食ったような性格の人物。

幼少期から料理の修行を積んでおり、秋山醤と同じように、体中に修行による傷跡を残している。次期百蘭王となるべく、第二回全日本中華料理人選手権大会に送り込まれるが、当人に百蘭王を継ぐ気はなく、黄蘭青の名をアジアにとどまらず世界中に広めるという野望を持つ。

関連人物・キャラクター

百蘭王

アジアの料理界を牛耳る陸一族の当主。百蘭王とは当主に与えられる称号であり、本名は不明。かつて秋山階一郎と五番町睦十の、2人を一度に相手にしての餃子の早握り対決で引き分けるという圧倒的な技術を持つ。次期... 関連ページ:百蘭王

登場作品

鉄鍋のジャン!

料理を勝負と考え、勝つためには手段を選ばない極悪非道な中華料理人の主人公秋山醤が、ライバルの料理人たちと繰り広げる料理勝負を描く。料理描写の監修はフード・コーディネーターのおやまけいこ。 関連ページ:鉄鍋のジャン!

SHARE
EC
Amazon
logo