黄龍院 凛

黄龍院 凛

実は私は(漫画)の登場人物。読みは「きりゅういん りん」。

登場作品
実は私は(漫画)
正式名称
黄龍院 凛
ふりがな
きりゅういん りん
関連商品
Amazon 楽天

概要

痴女に支配された世界を変えるため、50年先の未来から来た黒峰朝陽の孫。いつも腰にぶら下げている剣は、ドラゴン型のタイムマシン兼自宅の鍵らしい。未来のことを話すと帰れない規則だが、すべて話してしまったため、罰則として現在にいる期間が延びてしまい、帰宅難民化。朝陽たちの後輩として転校してくる。

未来ではレジスタンスの一員。通り名は閃光のボタン留め。現代でカリスマ痴女2世を探している。過去に送り出したのは未来の朱美みかん。みかんをおばあちゃんと呼び、たまに朝陽をおじいちゃん扱いする。

関連人物・キャラクター

黒峰 朝陽

登場時は高校2年。穴の開いたザルのように思ったことが顔に出てしまう、隠しごとのできない男。1年の秋ごろから白神葉子のことが気になっていた。恋愛には奥手のヘタレだが、吸血鬼の葉子の秘密を守ろうと奮闘する。1年の夏に、委員長藍澤渚に告白する前にフラれたことがある。

登場作品

実は私は

ヘタレな高校生男子とその仲間たちが繰り広げるハイテンションラブコメディ漫画。主人公がさまざまなタイプの女性にモテるハーレムもの作品。キャッチフレーズは「ちょいアホ人外ヒロインラブコメ」。吸血鬼・悪魔・... 関連ページ:実は私は

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

関連人物・キャラクター
白神 葉子
朱美 みかん
藍澤 渚
紫々戸 獅穂
紅本 茜
白神 源二郎
銀華 恋
その他キーワード
logo