狼の星座(漫画)の登場人物。読みは「おう」。

  • 黄
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
狼の星座(漫画)
正式名称
ふりがな
おう

総合スレッド

黄(狼の星座)の総合スレッド
2016.08.04 14:45

概要

包頭と呼ばれる馬賊の小隊長で、一人旅をしていた大日向建作を捕縛した。最初は建作を粗雑に扱っていたが、馬賊の仲間になってからは拳銃の撃ち方を教えたり、まんじゅうを分け与えたり、目をかけるようになる。建作が大攪把になったのちには、副頭目として補佐するようになった。

登場作品

新潟の村で生まれた少年、大日向建作は、大きな世界に憧れ、中国へと渡る。日本軍将校の坂東大佐の下で中国語を学んだ建作は、軍のスパイとして内蒙古の調査へと出発した。ところが、馬賊の襲撃を受け捕虜になってし...