黒の獅子王

アリオン(アニメ映画)の登場人物。読みは「くろのししおう」。ハデス、ポセイドン、アリオンとは親族関係にある。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
アリオン(アニメ映画)
正式名称
黒の獅子王
ふりがな
くろのししおう

総合スレッド

黒の獅子王(アリオン)の総合スレッド
2016.01.25 12:30

概要

古代ギリシャを支配する神の一族ティターン神族ハデスに操られ、父親であるポセイドンを殺してしまい錯乱するアリオンの前に現れた、黒い獅子の仮面を被った謎の男。その正体は、かつて神族に支配されている原住民族のヘロットを率いて反乱を起こした神族プロメテウスだった。

実はアリオンとも深い縁がある。

登場人物・キャラクター

古代ギリシャを支配する神の一族ティターン神族の兄の一人。弟である神族の王ゼウスによって冥界に追いやられた恨みから、兄弟の神族ポセイドンの息子アリオンをさらって、暗殺者として育成する。 しかし、ゼウス暗...
古代ギリシャを支配する神の一族ティターン神族の王ゼウスの兄の一人であり、アリオンのでもある海の支配者。父自分を差し置いて王位を簒奪し、過酷な支配を敷く弟のゼウスに対抗して反乱を起こした豪放磊落な漢であ...
古代ギリシャを支配する神の一族ティターン神族の少年。海を支配する神族ポセイドンとその妻デメテルの息子として育つが、冥界を支配する神族ハデスによって誘拐され、弟である神族の王ゼウスに復讐するための暗殺者...

関連キーワード

『アリオン』に登場する種族。古代ギリシャの原住民族であり、オリンポスに降臨した神の一族ティターン神族によって征服され、被支配民族として過酷な境遇に置かれている。かつてティターン神族の王ゼウスに反旗を翻...
『アリオン』に登場する種族。古代ギリシャを征服し、原住民族ヘロットを支配している神の一族。巨大な地母神ガイアによって生み出され、支配されている。その王が親殺しを繰り返す血の連鎖によって王位が継承される...

登場作品

神と人とが別れていない時代の古代ギリシャ。その地を支配する神の一族ティターン神族は、支配者ゼウスとその兄である海の支配者ポセイドンとの間で骨肉の争いをしていた。ポセイドンの息子として密かに育っていた少...