黒井 鯖人

黒井 鯖人

無限の住人(漫画)の登場人物。読みは「くろい さばと」。浅野凜とはライバル関係。

登場作品
無限の住人(漫画)
正式名称
黒井 鯖人
ふりがな
くろい さばと
関連商品
Amazon 楽天

概要

逸刀流剣士。天津影久が子どもの頃から逸刀流に属する古参の人物。甲冑を身につけた巨漢で、巨大な手裏剣のような形状の武器を指にはめて闘う。浅野道場襲撃時には、浅野凜の父・浅野虎厳を斬殺した。歪んだ愛情表現が特徴で、自分の妻と凜の母・浅野時の頭部を剥製にして自分の両肩に縫い付けている。

凜に対しても愛情を抱き、殺して自らと共に剥製にしたいと考えている。

関連人物・キャラクター

浅野凜

無天一流の浅野道場の娘。14歳の時、逸刀流に両親を斬殺され、以来、仇討ちのために腕を磨き、機会を窺っていたが、16歳の時に万次と知り合い、彼を用心棒として雇って復讐の旅に出ることとなる。何本もの小刀を... 関連ページ:浅野凜

関連キーワード

逸刀流

『無限の住人』に登場する剣の流派。無天一流を破門になった天津三郎が興した。孫の天津影久によって広く普及し、江戸だけで千人の門人を抱える一大流派となった。「勝つことこそ剣の道である」が身上で、一対一でさ... 関連ページ:逸刀流

登場作品

無限の住人

江戸時代中期、すべての流派の統一を掲げる剣客集団・逸刀流に、両親を殺された少女・浅野凜は、不死の肉体を持つ剣士・万次を用心棒として雇い、仇敵である逸刀流統主・天津影久を追うこととなった。時を同じくして... 関連ページ:無限の住人

SHARE
EC
Amazon
logo