黒塚のお蝶

カムイ外伝 第二部(漫画)の登場人物。読みは「くろづかのおちょう」。

  • 黒塚のお蝶
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
カムイ外伝 第二部(漫画)
正式名称
黒塚のお蝶
ふりがな
くろづかのおちょう

総合スレッド

黒塚のお蝶(カムイ外伝 第二部)の総合スレッド
2016.01.25 12:38

概要

倉石藩新州で密かに人々に嫌がらせを繰り返す夜鷹。かつて男に捨てられた妹が自殺した後、母親と医者だった父親も亡くなり、自暴自棄になり夜鷹となった。押し込み強盗をカムイの仕業と誤解して通報し、捕らえさせたが、カムイは役人の手を逃れてお蝶の小屋に居座り、真犯人の盗賊たちを燻り出した。

カムイは去るが、お蝶は自分の金を盗まれたと思って付け狙い、桑名で出会った旅の少年モモカと親しくなる。百姓の両親を亡くしたモモカは女衒に売られた姉を見つけ、その後、女衒の手を逃れた姉と再会したモモカをかばって、お蝶は追って来た女衒一味を相手に死に物狂いの戦いを演じた。

その勢いに女衒たちは引き下がったがモモカと姉は命が尽き、二人の骨を持って姉弟の故郷の石積村にお蝶がたどり着くと、そこは飢饉によって廃村になっていた。

登場人物・キャラクター

夙谷の非人部落出身の天才忍者。自由を求めて忍者になったが、その非情な掟に反逆して抜け忍となり、同郷の追忍たちから追われる身となった。変移抜刀霞斬りや飯綱落とし、十文字霞崩しなどの必殺技を持つ。旅先では...

登場作品

江戸時代の寛文年間、非人とされる部落民から忍者となったカムイは非情な宿命に反逆して抜け忍となり、追っ手の追忍たちに狙われては打ち倒していく。逃亡の旅の中で同じ抜け忍や盗賊一味の小頭など、様々な困難を背...