黒川主

陰陽師(漫画)の登場人物。読みは「くろかわぬし」。安倍晴明とはライバル関係。

  • 黒川主
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
陰陽師(漫画)
正式名称
黒川主
ふりがな
くろかわぬし

総合スレッド

黒川主(陰陽師)の総合スレッド
2016.01.25 12:39

概要

『陰陽師』に登場する化生の者。賀茂忠輔の孫娘、綾子の元に通うする妖物。人の姿をしているが、尾が生えている。女童に化けたカジカを供に連れている。実は、堀を魚を荒らすので忠輔に退治された獺の一家の生き残り。仕返しをしようとするうちに、綾子に懸想するようになる。安倍晴明に捕まった後、綾子が生んだ子をくわえて逃げる。

登場人物・キャラクター

八条大路の西のはずれに住む憑きもの落としで評判の方士。黒川主を縛り上げることに成功する。右目をえぐって眠ったままの綾子を起こす方法を吐かせようとするが、喉を喰いちぎられ、水遁の術で逃げられて重症に。
父は大膳大夫の安倍益材、母は人間ではなく、葛の葉という狐の子と噂される陰陽師。色白で長身、ポーカーフェイスで腹が読めないタイプ。貴族のたしなみもあり、万事対応がスマートで、一見友人の源博雅とは対照的。...

登場作品

平安時代、稀代の陰陽師安倍晴明はその友源博雅と共に毎度鬼や怨霊の絡む都の問題解決に当たりながら、それぞれの魂を成長させていく。