黒水仙のお京

斬殺者(漫画)の登場人物。読みは「くろすいせんのおきょう」。ヴィスカイノとはライバル関係。

  • 黒水仙のお京
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
斬殺者(漫画)
正式名称
黒水仙のお京
ふりがな
くろすいせんのおきょう

総合スレッド

黒水仙のお京(斬殺者)の総合スレッド
2016.01.25 12:36

概要

徳川幕府のお庭番服部半蔵配下のくノ一。宮本武蔵の名を貶めるため、無門鬼千代を利用しよう近づく。しかし自分が利用されたこに怒った鬼千代によって火をかけられ、顔の半分に火傷を負う。ヴイスカイノを殺そうとして失敗し、辱めを受けた。

登場人物・キャラクター

友人の吉岡又七郎が宮本武蔵に殺されたのを切っ掛けに、勝ためにはどのような卑劣な手段でも使う外道剣に目覚める。何度も武蔵を狙うが果たせず。西班牙人のヴィスカイノを師にして、混血剣法を会得した。武蔵を慕う...
西班牙船の司令官。元海賊。徳川幕府に招かれ、江戸にやってきた。細身の南蛮剣を使った、南蛮剣法の達人。女を調達した無門鬼千代を弟子にする。サディストで、ロザリアお吟の身体を狙った。しかし宮本武蔵との対決...

登場作品

江戸時代初期。友人の吉岡又七郎が宮本武蔵に殺されたのを切っ掛けに、無門鬼千代は、どのような卑劣な手段を使っても、剣は勝てばいいと思い定めた。天下の剣豪になった武蔵を狙う鬼千代だが、一方で、武蔵を慕う切...