黒潮 沙羅

黒潮 沙羅

スカルマン(MEIMU版)(漫画)の登場人物。読みは「くろしお さら」。黒潮豪蔵、黒潮真耶とは親族関係にある。

登場作品
スカルマン(MEIMU版)(漫画)
正式名称
黒潮 沙羅
ふりがな
くろしお さら
関連商品
Amazon 楽天

概要

黒潮豪蔵の後妻で、白鈴會の理事長。亡夫は旧神楽製薬社長の神楽辰之。沙羅は辰之が夢見た新人類誕生を実現するために、黒潮豪蔵と娘の真耶を利用しようとしている。

関連人物・キャラクター

黒潮豪蔵

大伴グループの会長で、大伴市のすべてを握っている。商売人として冷静な判断をもっている。かつてガ號研究を隠すために隼人の父を殺害するなど、多くの悪事を働いたことを後悔。ガ號計画を廃棄しようとする。 関連ページ:黒潮豪蔵

黒潮真耶

黒潮豪蔵の義理の娘で、黒潮沙羅の連れ子。宗教団体白鈴會の教祖。子供好きで神崎芳生の孤児院あすなろ園に出入りしているが、異教の施設だと黒潮沙羅から叱責される。新人類の母胎として選ばれていた。 関連ページ:黒潮真耶

関連キーワード

白鈴會

『スカルマン』に登場する宗教団体。神楽村に古くから伝わる土着信仰をもとに番場壮吉が設立した。本尊は、黄泉の国から来迎したとされる遺構。神楽湖に浮かぶ社殿に安置されているのは複製で、実物は大伴グループ本... 関連ページ:白鈴會

登場作品

スカルマン(MEIMU版)

ルポライターの御子神隼人は、髑髏の仮面をしたスカルマンの事件を探るために故郷でもある大伴市に戻る。そこで隼人は、恩人の黒潮豪蔵や政財界、さらには軍までも加わった陰謀を進めていることを知り、その阻止を決... 関連ページ:スカルマン(MEIMU版)

SHARE
EC
Amazon
logo