黒瀬 十一郎

黒瀬 十一郎

暴力大将(漫画)の登場人物。読みは「くろせ といちろう」。

登場作品
暴力大将(漫画)
正式名称
黒瀬 十一郎
ふりがな
くろせ といちろう
関連商品
Amazon 楽天

概要

日下部与一郎と密かに通じる日本陸軍大佐。力道剛ら河内矯正院収容生が日本軍の第十六特別部隊にされた後、第十六特別部隊と陸軍刑務所から強制徴収された関東天海組組員による第四十特別部隊の指揮官となり、両部隊の全滅を目論んだ。しかしガダルカナル島で参謀長になってから、そのことを知った力道剛から鉄拳の嵐を見舞われ、目論見が日下部四郎から発せられたことを明かしてしまう。

その後、全滅必至の作戦を命じられた両部隊が脱走したため、アメリカ軍に偽の暗号を流して第四十特別部隊を日本軍主力部隊と見せかけ、攻撃させた。その隙に本当の主力部隊によるアメリカ軍基地総攻撃が行われたが、制圧寸前に大本営の命令によってガダルカナル島から撤収。

戦後は日下部与一郎の力を借りて大阪梅田警察署署長となり、力道剛らによる闇商品の運搬を妨害するも失敗。さらに力道剛暗殺を請け負った殺し屋を、口封じのため署員に射殺させた後で警察を辞め、日下部財閥グループの情報担当部長になった。

関連人物・キャラクター

力道 剛

1940(昭和15)年、河内から同じく大阪の新庄村福丸尋常小学校6年1組に転校してきたガキ大将。無敵の腕力を誇る喧嘩好きで「河内の暴力大将」の異名を持つ。父親は精米店を営み、母親の玉子(つやこ)、妹の... 関連ページ:力道 剛

登場作品

暴力大将

壮絶なバイオレンスで彩られた任侠大河ドラマ。大阪に生まれたガキ大将が屈強な仲間たちと共に、戦前の矯正院、そして太平洋戦争と戦後の焼け野原を舞台に、様々な敵との戦いを勝ち抜き、財閥の後継者にのし上がって... 関連ページ:暴力大将

SHARE
EC
Amazon
logo