黒田 官兵衛 孝高

黒田 官兵衛 孝高

センゴク 天正記(漫画)の登場人物。読みは「くろだ かんべえ よしたか」。別称、小寺 官兵衛 孝高。

登場作品
センゴク 天正記(漫画)
正式名称
黒田 官兵衛 孝高
ふりがな
くろだ かんべえ よしたか
別称
小寺 官兵衛 孝高
別称
小官
関連商品
Amazon 楽天

概要

実在の武将・黒田官兵衛孝高をモデルとしている。近江出身だが播州人。播磨小寺家の家臣だったが,播州人が本気で抵抗を始める前に戦を終わらせたいとの思いで、早いうちに織田家に寝返った。播磨では近江人として良く思われず、織田軍では播州人としてもう一つ信頼を得られなかった。

有岡城攻略の前に荒木村重の説得に行ったまま、捕えられそのまま牢に入れられる。幾度となく織田家からの離反を持ちかけられるが拒否。落城のおりに救出され、竹中半兵衛重治亡き後の羽柴軍軍師として正式に迎えられる。その際かつての主君の「小寺」姓を捨て「黒田」に改めた。

登場作品

センゴク 天正記

天正年間。「小谷城の戦い」における功績により千石を拝領した仙石秀久は、一介の兵から家臣団を率いる指揮官としての立場になっていた。武田家、一向宗による織田信長への包囲網は続いており、仙石秀久も羽柴秀吉子... 関連ページ:センゴク 天正記

SHARE
EC
Amazon
logo