黒賀村

黒賀村

からくりサーカス(漫画)に登場する村。読みは「くろがむら」。

登場作品
からくりサーカス(漫画)
正式名称
黒賀村
ふりがな
くろがむら
関連商品
Amazon 楽天

概要

奈良県に存在し、伝統技能として人形操りが現代にも伝えられている村。毎年大晦日には、村の子どもたちが人形繰りの技量を競い合う人形相撲という行事が行われる。平安時代から村をあげて神社に神楽の人形舞を奉納していたために、ここには人形を操る者が多数いるが、出身者の中には人形を使って非合法の世界で暗躍するようになった者もある。これが、才賀善治に雇われた誘拐組や、阿紫花英良率いるぶっ殺し組である。

村の者は才賀正二とも関わりが深く、アンジェリーナエレオノールを出産する際には里帰り先となった。襲撃してきた自動人形(オートマータ)との戦闘でアンジェリーナが死亡し、エレオノールを守ろうとしたフランシーヌ人形の消滅した地でもある。黒賀村伝統の人形舞が行われなくなった後も、サイガグループを束ねる才賀家は、人形を作り続け、黒賀村の者に大金を支払って人形の使い心地を報告させていた。

白金の野望を知った才賀勝は、ギイ・クリストフ・レッシュの薦めで、エレオノールを守る力を得る修行のために村を訪れ、阿紫花英良の実家である阿紫花家に滞在。年末に開催される人形相撲にも参加した。

登場作品

からくりサーカス

拳法の達人である加藤鳴海と、莫大な財産を相続したため親族に命を狙われるようになった才賀勝、そして「しろがね」を名乗るエレオノールという女性を中心にした、人類と、人類に仇なす自動人形との戦いを描いたファ... 関連ページ:からくりサーカス

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

登場作品
からくりサーカス
logo