黒龍斎

忍ペンまん丸(漫画)の登場人物。読みは「こくりゅうさい」。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
忍ペンまん丸(漫画)
正式名称
黒龍斎
ふりがな
こくりゅうさい

総合スレッド

黒龍斎(忍ペンまん丸)の総合スレッド
2016.01.25 12:43

概要

伊賀流の頭領の忍者の犬。好戦的だがこども好きなため、まん丸には甘い。白老の息子を殺した報復として自分の妻を殺された。狂犬病を患っており、発作が起こると性格が豹変してしまう。

登場人物・キャラクター

甲賀流の頭領の忍者の猿。伊賀流の黒龍斎に息子を殺されたことから憎しみを抱いている。ガン吉同様、友達がいない。つまらない小噺を披露するのが得意。
元は動物園でデイジーという名前で飼育されていたペンギン。その愛らしい見た目と仕草から、皆の争いを収める存在になるようにと念雅山に連れてこられた。その後、本人の希望で忍術の修行をすることになる。いつもは...

関連キーワード

『忍ペンまん丸』に登場する流派。動物忍者三流派の一つ。犬の忍者集団。念雅山の西にある伊賀野山の大きな屋敷に住んでいる。現在の頭領は黒龍斎。

登場作品

念雅流忍者の頭領であるネンガのもとにじいやが連れてきた新しい仲間は、忍者とは程遠いおっとりしたペンギンだった。まん丸と名付けられたペンギンは、念雅山で仲間と友に忍術の修行に励んでいく。