32文ミサイルキック

32文ミサイルキック

ジャイアント台風(漫画)に登場するジャイアント馬場の必殺技。読みは「さんじゅうにもんみさいるきっく」。

登場作品
ジャイアント台風(漫画)
正式名称
32文ミサイルキック
ふりがな
さんじゅうにもんみさいるきっく
関連商品
Amazon 楽天

概要

身長208cm、体重140kgの超巨体の馬場が放つフライング・キック。片足が16文で両足で蹴るため32文と命名された。バディ・ロジャースとのWWWFタイトルマッチで、片足を負傷していた馬場が、片足立ちができなかったため、やけくそぎみでジャンプし両足で蹴ったのがヒントとなった。

馬場3度目のアメリカ遠征時、フライング・キックの名手ペドロ・モラレスの特訓を受けて完成した。作中では32文ミサイルキックだが、一般的には32文人間ロケット砲または、32文ロケット砲と呼ばれる。

登場作品

ジャイアント台風

昭和34年のシーズンオフ、巨人軍の投手だった馬場正平は、目の不調が原因で巨人軍を解雇される。野球を諦めきれない馬場は、翌昭和35年春、大洋ホエールズ・明石キャンプにテスト生として参加。採用は確実と目さ... 関連ページ:ジャイアント台風

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

登場作品
logo