B.A.B.E.L.

絶対可憐チルドレン(漫画)に登場する機関。読みは「ばべる」。

  • B.A.B.E.L.
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
絶対可憐チルドレン(漫画)
正式名称
B.A.B.E.L.
ふりがな
ばべる

総合スレッド

B.A.B.E.L.(絶対可憐チルドレン)の総合スレッド
2016.01.25 12:39

概要

内務省特務機関超能力支援研究局。「BAse of Backing Esp. Laboratory」から「B.A.B.E.L.」と呼ばれている。国内での政治・経済・治安維持などに利用されている超能力者の政策をまとめている組織。超能力の研究の他、救助活動も多く、自衛隊や警察、消防との連携も多い。

一般人と超能力者が対等に暮らせる世界を目指し、差別を撤廃しようとしている。1940年頃に「大日本帝国陸軍特務超能部隊」から始まり、1960年頃に発足。その時の名残としてモモンガの桃太郎が作られている。最強の運用チームとして作られたのが、明石薫野上葵三宮紫穂と、それをまとめる皆本光一のザ・チルドレン。

ただザ・チルドレンが「B.A.B.E.L.」と「P.A.N.D.R.A」の戦争の重要な鍵になるのではないかという未来予知も出ており「懸案事項666号」というトップシークレットになっている。

登場作品

エスパーが増え続けている21世紀。彼らは世界の政治経済において、で重要なキーになる機会がどんどん増えていた。日本では最高ランクの超度7は日本に3人で、明石薫、野上葵、三宮紫穂は、じゃじゃ馬な小学生(連...