COCORO〈心〉

ルネサンス期のフィレンツェを舞台に、「万能の天才」として知られる芸術家レオナルド・ダ・ヴィンチの半生を描く。当時フィレンツェを支配していたロレンツォ・ディ・メジチをはじめ、レオナルド・ダ・ヴィンチの師とされるアンデレア・デル・ヴェロッキオなどルネサンス期に活躍した人物が多数登場する。

  • 楽天
  • Amazon
正式名称
COCORO〈心〉
作者
ジャンル
伝記

総合スレッド

COCORO〈心〉(漫画)の総合スレッド
2016.05.06 18:09

新着関連スレッド

ルクレッツイア(COCORO〈心〉)の総合スレッド
マンガペディア公式 2016.05.06 18:10
ヴェロニカ(COCORO〈心〉)の総合スレッド
マンガペディア公式 2016.05.06 18:10

新着関連スレッドもっとみる

概要

15世紀のイタリア、フィレンツェ郊外のヴィンチ村に住む少年レオナルド・ダ・ヴィンチは、優れた絵の才能に恵まれながらも、周囲からは変人として扱われていた。しかし、フィレンツェの権力者ロレンツォ・ディ・メジチと出会い、才能を認められたことでその人生は大きく変わる。フィレンツェの工房に入門した彼は、そこで様々な芸術家たちと出会い、その才能を急速に開花させていく。

教会の異端審問にも屈せず、己の芸術を追求する彼の名声は日々高まっていく。

登場人物・キャラクター

主人公
公証人セル・ピエロの息子。幼い頃から芸術に興味を持ち、独学で絵を学ぶ。育ったヴィンチ村では、竜巻見物や蛇やトカゲと遊ぶといった行為が原因で、イル・マーゴ(魔術師)と呼ばれ、異端視されていた。父親の勧め...
若くしてフィレンツェを支配するメジチ家の当主となる。派手好き、女好きとして知られ、ロレンツォ豪華王の名で呼ばれた。15歳のとき、狩りに出かけた森で12歳のレオナルド・ダ・ヴィンチと運命的な出会いを果た...
レオナルド・ダ・ヴィンチの義母。フィレンツェの名門ラン・フレディ家の娘で、16歳のときレオナルド・ダ・ヴィンチの父セル・ピエロと結婚。レオナルド・ダ・ヴィンチの才能を認め、彼を息子としてだけでなく、ひ...
レオナルド・ダ・ヴィンチの父親。最初は息子を自分と同じ公証人にするつもりだったが、その芸術的才能に気づき、フィレンツェのヴェロッキオ工房に預ける。上昇志向が強く、息子を芸術家にしようと思ったのも、その...
フィレンツェに工房を構える芸術家。レオナルド・ダ・ヴィンチの才能を認め、弟子にとる。常に最高を求め、良いアイデアであればそれが幼い弟子のものであろうとかまわずに採用する。ルネサンス期に活躍し、レオナル...
レオナルド・ダ・ヴィンチが入門したヴェロッキオ工房で働く職人。独立後は、フィレンツェを代表する画家となった。レオナルド・ダ・ヴィンチが入門したての時、その才能に嫉妬し、彼の腕を切ろうとした。ルネサンス...
レオナルド・ダ・ヴィンチが入門したヴェロッキオ工房で働く画家。工房に入門したてのレオナルド・ダ・ヴィンチの才能をいち早く見抜いた。女性を描くことを得意とし、師であるアンデレア・デル・ヴェロッキオに「女...
「万能の師」と呼ばれ、フィレンツェの芸術家たちの尊敬を集める人物。アンデレア・デル・ヴェロッキオが考えたとされるコジモ・ディ・メジチの棺のテザインが、実はレオナルド・ダ・ヴィンチの手によるものであるこ...
ミラノの高級娼婦。レオナルド・ダ・ヴィンチが住むフィレンツェの若き支配者ロレンツォ・ディ・メジチを籠絡するため、ミラノの貴族たちに雇われた。ロレンツォ・ディ・メジチを愛してしまった彼女は、ミラノを捨て...
フィレンツェ貴族の妻で、ロレンツォ・ディ・メジチの思い人。彼女から「自分の肖像画を描いてほしい」と頼まれたロレンツォ・ディ・メジチは、その制作をレオナルド・ダ・ヴィンチに依頼する。
フィレンツェの男娼。メジチ家と対立するパッツィ家に雇われ、レオナルド・ダ・ヴィンチを同性愛の罪で審問にかけようとする計画に荷担する。
レオナルド・ダ・ヴィンチが住むフィレンツェの支配者ロレンツォ・ディ・メジチの弟。兄のことを強く尊敬している。メジチ家と対立するパッツィ家によって暗殺される。
メジチ家と対立していたパッツィ家の娘。パッツィ家がロレンツォ・ディ・メジチ暗殺に失敗して没落すると、ひとり街に残り、コソ泥となった。財布を盗もうとしたのがきっかけで、レオナルド・ダ・ヴィンチと知り合う...
セッティアーノに住む彫刻家を志す少年。教会でレオナルド・ダ・ヴィンチが描いた宗教画「三王礼拝」を目にし、衝撃を受ける。彫刻こそが芸術の最高峰と信じており、画家であるレオナルド・ダ・ヴィンチに対し、異常...