IFEX

め組の大吾(漫画)に登場する消火装置。読みは「あいふぇっくす」。

  • IFEX
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
め組の大吾(漫画)
正式名称
IFEX
ふりがな
あいふぇっくす

総合スレッド

IFEX(め組の大吾)の総合スレッド
2016.01.25 12:38

概要

「Impulse Fire Extinguishing Technology」の略。インパルス消火システムと呼ばれる個人携行型の消火装備。小型ライフルのような形状の発射機「インパルス銃」と、水や消火薬剤の詰まった約30キロのバックパックで構成される。圧縮された空気によって、水と消火薬剤を微細な粒子にして高速度で打ち込み、最小の水量で消火が可能。

また、放水による現場破壊も少なくて済む。め組をはじめとする千国市全域の出張所に新装備として配備された。

関連キーワード

『め組の大吾』に登場する都市。近年、いたるところに開発の手が入り、街全体が変わりつつある。千国沖国際空港の建設をはじめとする大胆な再開発は、市内外の業者や関係機関の動きを活性化させた。その一方で、急激...

登場作品

幼い頃に自宅が火事になり、飼い犬のジルと共に火事場に取り残された朝比奈大吾。絶体絶命の危機を救ったのは、ひとりの消防士だった。それ以来、消防士に憧れるようになった大吾は、高校卒業後に新米消防士として地...