MRI捜査

秘密—トップ・シークレット—(漫画)に登場する架空の捜査方法。読みは「えむあーるあいそうさ」。

  • MRI捜査
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
秘密—トップ・シークレット—(漫画)
正式名称
MRI捜査
ふりがな
えむあーるあいそうさ

総合スレッド

MRI捜査(秘密—トップ・シークレット—)の総合スレッド
2016.01.25 12:36

概要

MRI技術によって、故人が生前に見た記憶を映像として再現、その映像からの情報を元に事件の解明を行う。捜査対象は、通常の捜査では解決困難な凶悪事件に限られている。

基本的にMRI映像を見ることができるのは、科学警察研究所法医第九研究室(「第九」)の捜査官などごく限られた人物のみで、特例の場合でも内容について口外しない旨の同意書へのサインが必要となる。プライバシーの問題から、人権擁護団体や倫理委員会などから糾弾されており、一般社会においても、偏見から捜査そのものにマイナスイメージを持つ人が圧倒的に多い。

関連キーワード

『秘密 —トップ・シークレット—』に登場する架空の技術。死後10時間以内に摘出した損傷のない脳にMRIスキャナーをかけ、故人が生前に見た記憶を映像として再現する。最長で5年前までの再現が可能とされてい...
「秘密 —トップ・シークレット—2007 特別篇」に登場する架空の事件。石丸外務大臣が、自室で遺書を残し自殺した事件。非公式で行われたMRI捜査で、実は自殺ではなく他殺であることが判明したが、科学警察...

登場作品

世界観タイトルの「秘密」は個人が「墓まで持っていく秘密」を意味している。この「秘密」は今までは決して暴かれることがなく、本人の死亡と共に永遠の謎となるはずだった。ところが、毎日自分が頭の中で思い描く、...