とりかえばや異聞の登場人物一覧

とりかえばや異聞

カテゴリ
漫画
原作者
木原 敏江
レーベル
小学館文庫

とりかえばや異聞養父母に男として育てられた紫子は、養父亡きあと養母を養うため遊女となった。初めての客風吹と出会い恋に落ちた二人だったが、紫子は生家であ...

  • とりかえばや異聞

紫子 (ゆかりこ)

とりかえばや異聞 (漫画) › 登場人物 › 紫子

佐伯家の当主碧生の双子の妹。双子故に生後まもなく外に出され、西大路の大海屋の跡継ぎとして育つ。長身で体格も良く、女だてらに剣の腕も立つ...

風吹 (ふぶき)

とりかえばや異聞 (漫画) › 登場人物 › 風吹

忍の者。遊女屋で働き始めた紫子の初めての客として出会い、恋に落ちる。佐伯家重臣天野外記から領主碧生暗殺の任を受け、家臣の子能美右京之介...

碧生 (みどりお)

とりかえばや異聞 (漫画) › 登場人物 › 碧生

佐伯家の跡取り。若くして家督を相続し、苦労を重ね家を守り、家臣に厚く信頼されている。見た目は線も細く物腰も柔らかで女のように美しいが、...

天野 外記 (あまの げき)

とりかえばや異聞 (漫画) › 登場人物 › 天野 外記

佐伯家の重臣。毛利・織田両軍にとりいり、一城の主を夢見る野心家。風吹を使い領主碧生暗殺を企てる。笹島が手に入れた宝剣から、碧生と紫子の...

定嗣 (さだつぐ)

とりかえばや異聞 (漫画) › 登場人物 › 定嗣

佐伯家の家臣で、碧生の側近。当初は身代わりに気づかなかったが、碧生の急逝を目の当たりにし協力を誓う。舞鶴姫の乳母笹島に気に入られ、それ...

能美 右京之介 (のう みうきょうのすけ)

とりかえばや異聞 (漫画) › 登場人物 › 能美 右京之介

佐伯家の家臣、能美の一子。寺に預けられていたが、京へ出て風流人として過ごしていた。実は、風吹がなりすましており、碧生の寵臣として仕えて...

三太夫 (さんだゆう)

とりかえばや異聞 (漫画) › 登場人物 › 三太夫

佐伯家の家老。何事もお家の事を第一に考え、行動する忠臣。碧生の療養中、お家のためにと紫子を連れ戻し身代わりを頼む。碧生の乳母たずの夫で...

たず

とりかえばや異聞 (漫画) › 登場人物 › たず

碧生の乳母。佐伯家の家老三太夫の妻。夫同様、何事もお家のためを考えて行動する。碧生の急逝の際には、役立たずの姫が残ったと紫子を詰った。

舞鶴姫 (まいづるひめ)

とりかえばや異聞 (漫画) › 登場人物 › 舞鶴姫

毛利家の姫。政略結婚で碧生の元へ嫁ぐ。既に言い交わした男がいたが、輿入れの少し前に男は父の命により殺害されている。このことで父への恨ん...

笹島 (ささじま)

とりかえばや異聞 (漫画) › 登場人物 › 笹島

舞鶴姫の輿入れについてきた乳母。能美右京之介が碧生の寵臣だと誤解し、刺客を差し向けた策略家。初心な年下の男が好きな未亡人。天野外記と通...

猿丸 (さるまる)

とりかえばや異聞 (漫画) › 登場人物 › 猿丸

忍の者の繋ぎ役。天野外記に風吹を紹介する。風吹の異能を畏れ、だまし討ちにするが、それが風吹の封印を解くことになり、結果として命を落とす。