ジャンル「前衛一般」の漫画作品一覧

おやすみプンプン

小学生のプン山プンプンは、転校生の田中愛子に恋をして仲良くなるが、愛子の愛情や交わした約束の重さに辟易し始める。また、プンプンの家庭で...

ささくれた風景

ちょっとしたいざこざを起こし警察で事情聴取を受けていた桜田英雄。取り調べの刑事が何気なく四日前の殺人事件のことを尋ねると自分が犯人だと...

ねじ式

メメクラゲに左腕をかまれた不気味な顔の少年が医者を探して不思議な人物や風景の中をさ迷い歩く姿を描いた作品。つげ義春が見た夢をもとにした...

やなぎ屋主人

ヌードスタジオに通う孤独な青年が、「網走番外地」の唄に触発されて出かけた千葉県N浦で、大衆食堂やなぎ屋の娘と関係を結び主人に収まる妄想...

アルバイト

工場をさぼってアルバイトに出かけた少年が、戦後の闇市のようなマーケットをうろつき、また工場に戻る姿を描く。つげ義春が見た夢の絵コンテで...

カメラを売る

古物商たちが露店を出す天神様の縁日を訪ねた無能の人・助川助三が、石屋を始める前にやっていた中古カメラ業の顛末を回想する作品。『石を売る...

ゲンセンカン主人

死んだように静かな温泉町が舞台。ゲンセンカンの旦那である中年男と瓜二つだという旅人の存在を通じて、「あの世とこの世」「虚構と現実」とい...

コマツ岬の生活

部屋で「コマツ岬の生活」というテレビ番組を見る中年夫婦とテレビ番組の中で蟹をとる海女の姿を描く。つげ義春が見た夢を漫画にした「夢もの」...

ヨシボーの犯罪

兄と二人で自転車修理の仕事に就く少年、ヨシボーが、密かな犯罪を隠すため、証拠のピンセットを処分しようとさまよう物語。つげ義春が自分の見...

事件

若い夫婦が住むアパートの近所で、若い男が車の中に立て籠もり、ついには火をつけてしまう。つげ義春が実際に住んでいたアパートをモチーフに描...

四丁目の夕日

別所たけしは都内随一の進学校に通う高校3年生。ある日、母親の別所マス江が大ケガを負ってしまう。その治療費を捻出するために仕事量を増やし...

夏の思いで

銭湯帰りの漫画家が、ひきにげを目撃し通報するが、気を失った女性の性器をこっそり触っていたことから、その後の警察の捜査を恐れる姿を描く。...

外のふくらみ

「外」がふくらんでいるように感じ、不安を覚えた男が、「外」に出て喫茶店や地下道をさまよう物語。つげ義春が自分の見た夢をもとに描いた「夢...

夜が掴む

蒸し暑い夏の夜、アパートの窓を明けて寝ると「夜」が入ってくると話す夫と、それに逆らって虐待される妻の姿を描く。つげ義春が自分の見た夢を...

夢から覚めたあの子とはきっと上手く喋れない

不登校がちな少女のしおりは、ある日、隣家の屋上にたたずむ全裸の少年を発見する。家族づてに彼の境遇を知ったしおりは、仲間意識を感じ再び学...

夢の散歩

作者つげ義春自身の夢をヒントに、自転車を押す青年と子連れの主婦の、夏の日の郊外での姿を描く。夢のような完全なデタラメではなく、夢と現実...

山椒魚

下水道に棲みついた山椒魚のモノローグで展開される物語。悪臭と汚物の中で、山椒魚がたくましく自由に生きる姿と都会の下水道のおぞましさを描...

必殺するめ固め

隠れ里のような静かな山村を舞台に、若い夫婦が、元プロレスラーの中年男に襲われる様子を描く。つげ義春が自分の見た夢をもとに創作された、シ...

探石行

川原で石屋を経営する無能の人、助川助三が、採石を兼ねて出かけた家族旅行の顛末を描いた作品。『石を売る』『無能の人』『鳥師』の続編的な作...

李さん一家

郊外のボロ家を借りて優雅な生活を目論んでいた主人公と、どこからともなくやって来てその家の2階に住みついてしまった李さん一家の奇妙な交流...

沼の近くに住む成熟前の少女のエロティシズムや神秘性などをテーマに、表現主義的なアプローチがなされた作品。白土三平と旅行した大多喜の宿屋...

無能の人

川原にある膨大な石くれを何とか金にできないかと、形のよい石を拾い集めていた助川助三は、石の専門誌で石が美術品のように取り引きされている...

石を売る

漫画家に行き詰まり、カメラ屋、古物商などに手を出しながらも、ことごとく頓挫してしまった中年男・助川助三が、ついには多摩川の川原で拾った...

窓の手

戦後三十年経った日本。ビルの窓枠に生えた窓の手に困惑する銀行員たちの前に現れた復員兵。彼はこの手が、イギリス人の元女スパイ・グロリアの...

腹話術師

腹話術の天才である天一は、自分と人形の区別がつかなくなり、人形と喧嘩をして奇術団の舞台をしくじる。舞台を見ていた少年・進が実家である簡...

蒸発

漫画家に行き詰まり、川原の石を売る石屋になった無能の人、助川助三。知人である古書店の山井二郎に借りた「漂泊の俳人井月全集」をきっかけに...

郊外のボロ家に引っ越してきた青年が、いつの間にか縁の下に棲みつき、そしてまたどこかへ消えてしまった蟹に思いを馳せる姿を描く。つげ義春の...

近所の景色

若い男が近所にある多摩川土手下の貧しい集落の佇まいやそこに生きる人たちに惹かれる姿を描く。貧しい集落の立ち退き問題などを通じて、社会一...

退屈な部屋

妻に内緒でアパートのすぐ近くに小さな部屋を借り、気ままな時間を楽しむ漫画家。隠れ家が妻にバレ、気楽で平穏な時間が無くなってしまう模様を...

雨の中の慾情

大雨の中、雨宿りをする男女が、落雷を避けるため、次々と金具や衣服を脱ぎ捨てるうち、欲情しやがて性交に至る姿を描く。つげ義春の妄想を描き...

読込中 さらに読み込む