ジャンル「叙情的、リリカル」の漫画作品一覧

HER

アパレルショップでアルバイトをしている井出はある日、「特別好きではないけれど、好きになられたら応えるつもりだった」男性から、共通の友人...

KAMUI-神已-

八坂弘は両親を飛行機事故で突然亡くし、父の友人である小川家の世話になることを決めた。訪れた小川家には同じ年の小川神已という息子がいるが...

Papa told me

大人びた性格と独特の感性を持ち合わせた小学生的場知世。幼い頃に亡くなったお母さんの記憶はおぼろげだが、世界で一番大好きなお父さんとの毎...

うしろあたま

同じ学校に通う男子学生とのやりとりを中心に、女学生 よこいつじこの自意識や心情の揺れ動きを描いた短編作品。

お陽様なんか出なくてもかまわない

ある雨の日のこと、町の少年ロニーは両親の外出中に恋人のクラヴィスを家に連れ込もうと計画していたが、期待を裏切って両親は出かけずに、更に...

こばと。

少女こばとは、傷ついた人を癒すことで得られる心の塊をビン一杯に集めるために頑張っているが、失敗ばかりでお目付役でのいおりょぎさんに怒ら...

つるばらつるばら

幼い頃から女性的な趣味を持ち、夢の中に出てくる家を探している富士多継雄。中学生の時、同級生の布田一成に手ひどく振られたことからガス自殺...

ふしぎの国のアリス

主人公のアリスが木陰で休んでいると服を着た白うさぎが通り過ぎる。アリスが後を追いかけていくと白うさぎは垣根の下の大きなうさぎ穴に入って...

ふとん

死んだばかりの少女の幽霊が、観音と会話をしながら、自分の葬式を眺める様子を、幻想的な筆致で描いた短編作品。

ほのぼの君

心優しい男の子・ほのぼの君と彼の友達は、自然の豊かなのどかな町で、生き物たちに囲まれてのびのびと生活している。

みつあみの神様

荒涼とした海辺の一軒家でひとりで暮らすみつあみ。彼女の周りでは、「洗濯バサミ」や「歯ブラシ」、「枕」たちが勝手におしゃべりを繰り広げて...

わたしは夢みる少女

雪深い農村地帯に住んでいる中学2年生の北野しげるは、ある日、自宅の裏で行き倒れていた呉田幸子と出会う。都会的で大人っぽい印象の幸子を見...

ガラス玉

工場で働く青年レド・アールが自宅へ帰ると、両親の形見のガラス玉が失くなっていた。そして自分と瓜二つの青年の死体が室内に倒れていた。混乱...

スターダスト3年め

3年前、池畑睦はロックバンドのスターであった八田敏哉に握手を求めるが、スタッフに拒否されてしまう。しかし敏哉は、後ろ手でそっと睦に手を...

センチメントの季節

1990年代の女子高生の性愛を、主に少女から女に変わりつつある10代の主人公たちの目線から淡々と赤裸々に描く。中学生の幼馴染同士のセッ...

セーラ・ヒルの聖夜

祖母の家がある小さな街セーラ・ヒルで過ごす事となった少女キャロン・ダーリングは、自分と瓜二つの顔を持つ少年クリス・ライバーと出逢う。自...

ハックルベリーにさよならを

両親が離婚して、母さんに引き取られていた小学6年生のケンジは、家庭教師のたけし先生の影響でカヌーが大好き。学校から帰ると兄さんと呼ぶ僕...

ビアンカ

画家のクララ・ハイマーは、12歳の夏、いとこのビアンカ・オースティンと出逢った。森の中で踊るビアンカの美しさはクララの画家人生に大きな...

初茸がり

初茸がりの前夜、楽しみでなかなか寝付けない少年・正太の姿を描く。山の一角に大粒の雨が降る様子や大きな柱時計など、牧歌的な雰囲気を持つ作...

古本と少女

昭和30年代。主人公である貧乏な学生は、欲しい本があり毎日古本屋に通っているが、千円と高価なため買うことができない。ある日、その本を手...

四月怪談

登校中、鉄骨の落下事故で死亡してしまった国下初子は、幽霊となってしまう。そんな初子の前に現れた幽霊岩井弦之丞は、肉体の細胞が元気なうち...

地上はポケットの中の庭

南仏のワイン農家のおじいいちゃんの誕生日パーティー。嫁、子供3人と孫たちに囲まれつつも、不機嫌な顔でいた。彼は、嫁のアンヌとの出会い、...

夏の夜の獏

8歳の少年羽山走次の精神年齢は20歳。そんな彼の目を通すと、周囲の大人たちの精神年齢は皆子供ばかり。走次は唯一精神年齢と肉体年齢のつり...

天使も夢みるローソク夜

2月15日の夜、朝日ヶ丘で発生した停電の際、主人公の女性達に起こった出来事を描いた作品。『縞柄ローソク』『雪ふる街に大ジャンプ』『マジ...

星の時計のLiddell

亡命ロシア人3世のウラジーミル・ミハルコフは、生まれながらに故郷を失っているため虚無感を抱えながら、世界中を旅していた。ウラジーミルは...

晩夏

晩夏の頃のとある水辺。一匹の蝶を追いかける少女が主人公。いつの間にか足を踏み入れた彼岸花の群生地帯で、少年と少女が再会する様子を、独特...

海辺の叙景

夏の海辺で出会った男女が、何となく惹かれあう姿を淡々と描く。青春や恋愛要素と、物語全体を覆う暗い陰の対比が際立つ作品。つげ義春の代表作...

父の暦

故郷の鳥取市で暮らしていた陽一の父、山下武が亡くなった。少年時代の両親の離婚で父の山下武にわだかまりを持って故郷が遠くなってしまった陽...

田辺のつる

認知症の老婆田辺つるを主人公に、老婆と一緒に暮らす家族たちの平凡な一日を描いた短編作品。つるのみが他の登場人物とは異なり、きいちのぬり...

私の知ってるあの子のこと

裕福な家庭に育ち、気立ての良いピアーニと、貧しい母子家庭に育ち、天邪鬼なジャーヌの、隣同士に住む対照的なふたりの子どもを描写する。

読込中 さらに読み込む