女王の花の登場人物一覧

女王の花

カテゴリ
漫画
原作者
和泉 かねよし
レーベル
フラワーコミックス / 別コミフラワーコミックス

女王の花亜国・黃国・土国・曾国の4国が相争う時代。亜国の姫・亜姫は病床の母・黄妃と共に王宮で冷遇された日々を送る中、金髪碧眼の胡人奴隷・薄星と...

  • 女王の花

亜姫 (あき)

女王の花 (漫画) › 登場人物 › 亜姫

亜国の亜王と最初の正室・黄妃との間に生まれた亜国の姫。才色兼備な美女。幼い頃は貧しさ故に姫とは思えない粗末な服を着ていた。胡人の奴隷、...

薄星 (はくせい)

女王の花 (漫画) › 登場人物 › 薄星

亜姫から「蒼天の蒼の目」「稲穂の金、天の色の髪」と例えられた金髪碧眼の胡人奴隷。容姿のせいで幼少より差別されて育ってきた。偏見を持たな...

土妃 (どひ)

女王の花 (漫画) › 登場人物 › 土妃

土国出身の亜国の第二王妃。亜王との間に王子・亜王子を持つ。華やかにして傲慢。正室・黄妃を毒殺し、一時は正室におさまるが、後に亜王を殺害...

黄妃 (こうひ)

女王の花 (漫画) › 登場人物 › 黄妃

黄国出身の亜国の正妃で、亜姫の母。15歳で亜王に嫁いだ。体調を崩し、狭く日当たりの悪い室に追いやられてから、ますますやせ細っていく。最...

青徹 (せいてつ)

女王の花 (漫画) › 登場人物 › 青徹

元は黄国の貴族の息子で、青逸の弟青蓋。黄妃が亜国にくる前から仕えていたが、王妃の愛人と噂され、黄国に帰国。その後、亜国を再訪問した際、...

亜王 (あおう)

女王の花 (漫画) › 登場人物 › 亜王

亜国の王で亜姫の父親。冷徹で王らしい一面を持ちつつも、宮廷内の池で釣りをすることも。生まれよりも能力を重視し、亜姫に玉璽の片方を託す。...

青逸 (せいいつ)

女王の花 (漫画) › 登場人物 › 青逸

黄国の大夫で、国境を守っていた亡き将軍青英の息子。青徹の実の兄。背が小さい妻、桐を愛している。飄々とした性格だが、武芸の腕は立つ。

宮女 (きゅうじょ)

女王の花 (漫画) › 登場人物 › 宮女

亜国の宮廷に仕えながら、青徹の手下として黄国の細作(スパイ)をしていた。土妃に捕まり、舌と手の筋を切られながらも、クーデターの際、青徹...

高風 (こうふう)

女王の花 (漫画) › 登場人物 › 高風

亜国の宰相。土妃と共に国のためと思い、クーデターを起こす。

旦 (たん)

女王の花 (漫画) › 登場人物 › 旦

曾国の第一王子。曾国の宰相・姜家(きょうけ)から嫁いだ后の子ども。背が小さいが、それ以外は人望も実力もあり、非の打ちどころがない。兄の...

光 (こう)

女王の花 (漫画) › 登場人物 › 光

曾国の前第一王子。旦にそっくりな顔をしており、武芸・勉学とも優れているが、性格はどこかずれており、ときどき周りをイライラさせている。土...

白 (しろ)

女王の花 (漫画) › 登場人物 › 白

白髪金色の目をした美女。曾国の元細作(スパイ)で光殺害を命令されるが、失敗。記憶をなくしたときに光に翠蝉と名付けられる。やがて記憶を取...

陳騰 (ちんとう)

女王の花 (漫画) › 登場人物 › 陳騰

黄国の宰相。最初は亜姫をあまり好ましく思っていなかったが、彼女が天災の混乱を見事おさめたことで次第に態度が軟化する。

黄王 (こうおう)

女王の花 (漫画) › 登場人物 › 黄王

黄国の王で亜姫の祖父。冷徹に見えるが黄妃が嫁入りの時は、無事を祈ってかんざしを贈った。死に際に「最初で最後の王者としての教育」と称して...

桐 (とう)

女王の花 (漫画) › 登場人物 › 桐

黄国の大夫青逸の妻。背が小さく、髪型がたまねぎと言われることも。お金がなにより大事。

亜王子 (あおうじ)

女王の花 (漫画) › 登場人物 › 亜王子

亜国の第一王子で亜姫の腹違いの弟。母親は土妃。詩文は得意だが、まるまると太っており、14歳になってもひとりで馬に乗れず、亜王に「将来が...

曾王 (そうおう)

女王の花 (漫画) › 登場人物 › 曾王

曾国の王で旦や光の父親。子どもが多く、10人もの王子がいる。誰も信用せず、高圧的な王だが、友人のクーデターを体験するまでは、民衆のため...

蛇波流 (じゃはる)

女王の花 (漫画) › 登場人物 › 蛇波流

褐色の肌をした胡人の商人で細作(スパイ)。旦により薄星を殺すための刺客として亜姫の身辺に潜むが、任務に失敗し、薄星に従うことに。

高荀 (こうじゅん)

女王の花 (漫画) › 登場人物 › 高荀

黄国の大夫で郡尉。最初は亜姫の来訪を迷惑に思っているが、その手腕を認めるようになる。