生命の木の登場人物一覧

生命の木

カテゴリ
漫画
原作者
諸星大二郎

生命の木隠れキリシタンの村が東北にあると神父から聞いた「ぼく」がその村を訪ねると、おりしも村では数十年ぶりとなる殺人事件が起きていた。「ぼく」...

  • 生命の木

稗田 礼二郎 (ひえだ れいじろう)

生命の木 (漫画) › 登場人物 › 稗田 礼二郎

元K大の考古学教授。“はなれ”のある東北の寒村で起きた事件を調査するため、ぼくより一足先に村を訪れていた。村のキリシタン灯ろうからケル...

ぼく (ぼく)

生命の木 (漫画) › 登場人物 › ぼく

この物語の語り手の青年。神父からの手紙で隠れキリシタンが住むという東北の“はなれ”がある村に関心を持ち、独り村を訪れた。村人・善次の殺...

神父 (しんぷ)

生命の木 (漫画) › 登場人物 › 神父

三年前、東京から“はなれ”がある東北の村の教会に赴任してきた老神父。キリストのように十字架にかけられて死んでいた善次の死体を発見し、冒...

重太 (じゅうた)

生命の木 (漫画) › 登場人物 › 重太

“はなれ”の村に住む老人。神父からはただの精神薄弱者であると思われている。三じゅあんに言われて村の皆で善次を殺害したととれる証言をして...

善次 (ぜんじ)

生命の木 (漫画) › 登場人物 › 善次

“はなれ”の村で殺害された青年。キリストのように十字架にかけられていた。神父によれば、精神薄弱者の多い“はなれ”では頭のいい方だったと...

三じゅあん (さんじゅあん)

生命の木 (漫画) › 登場人物 › 三じゅあん

“はなれ”の村に住む三人の男。重太から「三じゅあん」と呼ばれているが、本名等不明。重太によれば、村人たちを指揮して善次を殺し、十字架に...