蒼天の拳の登場人物一覧

蒼天の拳

カテゴリ
漫画
原作者
原 哲夫
レーベル
バンチコミックス

蒼天の拳1932年の上海。黒社会の巣窟と化したこの魔都で、青幇(チンパン)と紅華会という二つの秘密結社が激しい勢力争いを繰り広げていた。一方、...

  • 蒼天の拳

霞 拳志郎 (かすみ けんしろう)

蒼天の拳 (漫画) › 登場人物 › 霞 拳志郎

究極の暗殺拳・北斗神拳の六十二代目伝承者。閻王の異名を持つ。奔放でつかみ所のない性格をしている一方、朋友(親友の意)と認めたもののため...

霞 羅門 (かすみ らもん)

蒼天の拳 (漫画) › 登場人物 › 霞 羅門

霞拳志郎の腹違いの弟。まだ子供っぽさが抜けきらず、笑顔にもあどけなさの残る少年ながら、北斗神拳の使い手で、常人離れした戦闘力を持ってい...

劉 宗武 (りゅう そうぶ)

蒼天の拳 (漫画) › 登場人物 › 劉 宗武

北斗劉家拳伝承者。ドイツ軍少尉。北斗劉家拳を学び才覚を現し始めると、あまりにも強い己の力に溺れるようになった。自分の拳は他人のためでは...

夏 文麗 (か ぶんれい)

蒼天の拳 (漫画) › 登場人物 › 夏 文麗

芯の強いしっかりとした女性。強い者にもひるまぬ心の強さがある。劉宗武と共に北斗劉家拳を学び、やがて彼と恋人同士になった。劉宗武が狂気の...

張 太炎 (ちょう たいえん)

蒼天の拳 (漫画) › 登場人物 › 張 太炎

北斗曹家拳の使い手。紅華会の二番頭。四六時中女を抱いている、人並み外れて女好きな男。特に人のものが欲しくなり、花嫁を盗むことから花嫁泥...

芒 狂雲 (ぼう きょううん)

蒼天の拳 (漫画) › 登場人物 › 芒 狂雲

北斗孫家拳の使い手。霊王の異名を持つ。非常に好戦的なうえ、強さに対してどん欲な男で北斗神拳を超えるために死の危険のある修行を繰り返して...

シャルル・ド・ギーズ

蒼天の拳 (漫画) › 登場人物 › シャルル・ド・ギーズ

フランス陸軍情報武官。階級は大佐。北斗孫家拳の使い手で、常人以上の戦闘力を持っているが、表立って肉弾戦闘をするよりも、情報戦をしかけた...

流 飛燕 (りゅう ひえん)

蒼天の拳 (漫画) › 登場人物 › 流 飛燕

極十字聖拳の使い手。死鳥鬼の異名を持つ。殺伐とした世界に生きていたため慈悲のない冷淡な男だった。ナチスに命を狙われた少女・エリカと出会...

ヤサカ

蒼天の拳 (漫画) › 登場人物 › ヤサカ

西斗月拳の使い手。テンガロンハットをかぶり普段は飄々とした態度。かつて西斗月拳の者たちが、北斗神拳の始祖・シュケンに皆殺しにされたこと...

潘 光琳 (はん こうりん)

蒼天の拳 (漫画) › 登場人物 › 潘 光琳

青幇の頭首。霞拳志郎の朋友。義に厚く仲間想いな人物で、上海の裏社会においてはカリスマ的な存在。人望があり、皆から尊敬されている。敵対す...

潘 玉玲 (はん ぎょくれい)

蒼天の拳 (漫画) › 登場人物 › 潘 玉玲

潘光琳の妹。霞拳志郎の恋人であり、後に妻になる。非常に肝が据わっており、いかなる強者に対しても物怖じしない強さと美しさを兼ね備えている...

葉 (よう)

蒼天の拳 (漫画) › 登場人物 › 葉

青幇の幹部。かつては上海に名前をとどろかせる存在だったが、紅華会との抗争に敗れ、とらわれの身となる。紅華会の主催する残酷ショー・処刑遊...

章 烈山 (しょう れつざん)

蒼天の拳 (漫画) › 登場人物 › 章 烈山

紅華会の一番頭。成人男性を手で掴めるほど巨大な男で、身の回りにあるものは特大サイズのものばかり。自分が大きいと感じることを極端に嫌って...

黄 西飛 (こう せいひ)

蒼天の拳 (漫画) › 登場人物 › 黄 西飛

紅華会の三番頭。顔の左半分を霞拳志郎の北斗神拳によって吹き飛ばされたため、機械化している。拳志郎のことを深く怨んでおり、性格は悪辣で下...

呉 東来 (ご とうらい)

蒼天の拳 (漫画) › 登場人物 › 呉 東来

紅華会の四番頭。首と背中の一部を霞拳志郎の北斗神拳によって吹き飛ばされたため、機械化している。パドルを回さなければ自分で上半身を起こす...

田 学芳 (でん がくほう)

蒼天の拳 (漫画) › 登場人物 › 田 学芳

黄西飛の後釜として紅華会の新三番頭になった。カッパハゲの田という蔑称で呼ばれる。ハゲていることを非常に気にしており、鋼鉄のカツラを被っ...