遮那王 義経の登場人物一覧

遮那王 義経

カテゴリ
漫画
原作者
沢田 ひろふみ
レーベル
講談社コミックス月刊マガジン

遮那王 義経親を知らない子供の旅芸人・漂太は、連れて行かれた屋敷で自分とそっくりの少年・牛若丸と出会う。漂太が連れてこられた目的は牛若丸の身代わり...

  • 遮那王 義経

漂太 (ひょうた)

遮那王 義経 (漫画) › 登場人物 › 漂太

孤児の旅芸人。仲間の少年たちと共に軒下一座を名乗り、大道芸をして暮らしていた。源氏の御曹司牛若丸とうり二つの容姿をしていたことから、そ...

牛若丸 (うしわかまる)

遮那王 義経 (漫画) › 登場人物 › 牛若丸

源氏の棟梁・源義朝の息子。源氏の血を恐れた平清盛により、2歳のときから屋敷に閉じ込められて育った。元服までの間、屋敷を出て身を隠すため...

武蔵坊 弁慶 (むさしぼう べんけい)

遮那王 義経 (漫画) › 登場人物 › 武蔵坊 弁慶

漂太の家臣で「忠の者」。幼名は鬼若丸。生まれたときから歯が生え、髪も肩まで伸びていたため、鬼の子と呼ばれていた。父親に殺されかけたとこ...

平 清盛 (たいら の きよもり)

遮那王 義経 (漫画) › 登場人物 › 平 清盛

平家の棟梁。平治の乱で源氏を破り、天皇に匹敵する権力を手にした。主人公・牛若(漂太)の天賦の才に気づき、いずれ平氏を脅かす存在になるの...

常磐御前 (ときわごぜん)

遮那王 義経 (漫画) › 登場人物 › 常磐御前

牛若丸の母親。源氏の棟梁・源義朝の妻だったが、彼の死後、藤原長成のもとに嫁いだ。陰陽師・紫蘭の予言に従い、漂太を息子の身代わりに立てる...

紫蘭 (しらん)

遮那王 義経 (漫画) › 登場人物 › 紫蘭

牛若丸の母、常磐御前に仕える陰陽師。牛若丸に身代わりを立てることを提案した。牛若丸の身代わりとして漂太が選ばれたのも、彼女の占いによる。

峨山 直平 (がざん なおひら)

遮那王 義経 (漫画) › 登場人物 › 峨山 直平

平家の家人。漂太(このときは牛若)の天賦の才に惚れ込み、未来の主と仰ぐようになる。漂太が平清盛によって鞍馬寺に追放されると、天狗に扮し...

伊勢 三郎 能盛 (いせ さぶろう よしもり)

遮那王 義経 (漫画) › 登場人物 › 伊勢 三郎 能盛

漂太の家臣で「勇の者」。源氏の侍・伊勢俊盛の息子。平治の乱で源氏が負けた後、父は平家に敵対した罪で殺され、さらに一緒に逃げた弟も死に天...

源 頼朝 (みなもと の よりとも)

遮那王 義経 (漫画) › 登場人物 › 源 頼朝

源氏の棟梁・源義朝の息子で、漂太が身代わりを務めた牛若丸の兄。平治の乱で父が亡くなった後、平清盛によって伊豆に追放された。追放先の伊豆...

覚日 (かくじつ)

遮那王 義経 (漫画) › 登場人物 › 覚日

漂太が追放された鞍馬寺の僧。漂太の指導役を任された。盲目だが、日常生活に不自由はない。歴史上の実在の人物と思われる、覚日坊がモデル。

吉兆丸 (きっちょうまる)

遮那王 義経 (漫画) › 登場人物 › 吉兆丸

鞍馬寺で修行中の稚児で、覚日の弟子。親に捨てられ、行き場を無くして鞍馬寺へとやってきた。先輩風を吹かし、新入りとしてやってきた漂太をこ...

東光坊 蓮忍 (とうこうぼう れんにん)

遮那王 義経 (漫画) › 登場人物 › 東光坊 蓮忍

漂太が追放された鞍馬寺の僧。かつて牛若丸の父・源義朝の祈祷師をしていたことがあり、牛若丸を平家から守ることが自分に課せられた役目だと考...

徳子 (とくこ)

遮那王 義経 (漫画) › 登場人物 › 徳子

平家の棟梁である平清盛の娘。父の病気平癒を祈願するため鞍馬寺を訪れ、漂太と出会う。お互いに惹かれ合うが、漂太が父の敵・牛若だと知り、シ...

吉次 (きちじ)

遮那王 義経 (漫画) › 登場人物 › 吉次

奥州を治める藤原秀衡に仕える商人。もとは武士。キレ者として知られ、漂太と牛若丸が入れ替わっていることに気がつく。牛若丸の義父、藤原長成...

かすみ

遮那王 義経 (漫画) › 登場人物 › かすみ

吉次に仕える間者。もとは河原育ちの軽業師だったが、その身の軽さを買われて盗人となり、のちに暗殺を生業とする刺客になる。殺しに嫌気がさし...

岩剛 破矢手 (いわごう はやて)

遮那王 義経 (漫画) › 登場人物 › 岩剛 破矢手

伊賀庄にある岩剛村の頭。貧しい村を救うため、平家の依頼を受け、主人公漂太の命を狙う。漂太の人間としての器の大きさに惚れ、平家と決別し、...

藤原 秀衡 (ふじわら の ひでひら)

遮那王 義経 (漫画) › 登場人物 › 藤原 秀衡

奥州を治める武将。平家に対抗する力を求めてやってきた漂太(このときは元服して源義経)を、食客として迎え入れる。普段は好々爺然としている...

佐藤 継信 (さとう つぐのぶ)

遮那王 義経 (漫画) › 登場人物 › 佐藤 継信

藤原秀衡に仕える佐藤家の長男。若い頃は阿修羅の継信と呼ばれ、近隣の悪童たちを束ねていた。藤原秀衡を強く尊敬しており、彼を侮辱する者はた...

佐藤 忠信 (さとう ただのぶ)

遮那王 義経 (漫画) › 登場人物 › 佐藤 忠信

藤原秀衡に仕える佐藤家の次男。武芸に優れ、人望もある兄の佐藤継信に対し、コンプレックスを持っている。黒岩輝重の襲撃を受けた際、漂太(源...

水樹 (みずき)

遮那王 義経 (漫画) › 登場人物 › 水樹

藤原秀衡に仕える佐藤家の娘で、佐藤継信と佐藤忠信の妹。男勝りの性格で、武芸もたしなむ。兄たちを慕うあまり、漂太(このときは元服して源義...

藤原 泰衡 (ふじわら の やすひら)

遮那王 義経 (漫画) › 登場人物 › 藤原 泰衡

奥州を治める藤原秀衡の次男。気さくな性格で、漂太(このときは元服して源義経)ともすぐに打ち解ける。奥州奪取を企む清原氏の残党に誘拐され...

藤原 国衡 (ふじわら の くにひら)

遮那王 義経 (漫画) › 登場人物 › 藤原 国衡

奥州を治める藤原秀衡の長男。側室の子だったため、正室に弟の藤原泰衡が生まれると、皆が泰衡を嫡男として扱うようになった。これがきっかけで...

藤原 基成 (ふじわら の もとなり)

遮那王 義経 (漫画) › 登場人物 › 藤原 基成

牛若丸の義父、藤原長成の親戚で、奥州にやってきた漂太(このときは元服して源義経)の面倒を見る。漂太が幼い頃に牛若丸と入れ替わったことに...

コヨウ

遮那王 義経 (漫画) › 登場人物 › コヨウ

金国の姫。交易のために奥州へやってきた。攘夷派に襲われていたところを、漂太の家臣・武蔵坊弁慶に助けられる。女性としては大柄で、そのこと...

藤原 範季 (ふじわら の のりすえ)

遮那王 義経 (漫画) › 登場人物 › 藤原 範季

新任の陸奥国の国司。平家の棟梁である平清盛に依頼され、漂太が奥州にいるかを確かめにやってくる。しかし、本当の目的は、漂太を刺客の手から...

源 範頼 (みなもと の のりより)

遮那王 義経 (漫画) › 登場人物 › 源 範頼

源氏の棟梁だった源義朝の六男。牛若丸にとっては兄にあたる。漂太(このときは元服して源義経)に会うため、藤原範秀の供として奥州を訪れる。...

杏 (あんず)

遮那王 義経 (漫画) › 登場人物 › 杏

藤原基成の屋敷で働く雑仕女。漂太の身の回りの世話を命じられる。ドジで失敗も多く、吉次からは「ダメ雑仕女」呼ばわりされている。漂太のこと...

龍也 (りゅうや)

遮那王 義経 (漫画) › 登場人物 › 龍也

奥州奪取を企む清原氏の残党に仕える暗殺者。病気の母を救うため、暗殺者になった。漂太から母がすでに死んでいることを聞かされ、自分がだまさ...

源 頼政 (みなもと の よりまさ)

遮那王 義経 (漫画) › 登場人物 › 源 頼政

鵺退治の伝説を持つ武将。平治の乱で源氏の棟梁である源義朝を見限り、平家についた。たまたま訪れた鞍馬寺で漂太(このときの名は遮那王)と出...

りん

遮那王 義経 (漫画) › 登場人物 › りん

漂太がいた旅芸人の一座・軒下一座の紅一点。一座の中では一番年下。漂太の働きで一度は鞍馬寺の僧兵見習いになるが、女であることがばれ、寺か...