銀河戦国群雄伝ライの登場人物一覧

銀河戦国群雄伝ライ

カテゴリ
漫画
原作者
真鍋 譲治
レーベル
コンプ コミックス DX / 電撃コミックス EX

銀河戦国群雄伝ライ270年にわたって広大な宇宙を支配していた神聖銀河帝国は、第十三代皇帝・光輝帝の崩御によってその命運を終えた。帝国崩壊による混乱のなか...

  • 銀河戦国群雄伝ライ

竜我 雷 (りゅうが らい)

銀河戦国群雄伝ライ (漫画) › 登場人物 › 竜我 雷

五丈国の平民上がりの軍人で、登場時は海兵団突撃中隊長を務めていた。五丈国が佐倉を攻めた際に、紫紋の父・阿曽主禅を討ち取る戦功を立て、そ...

紫紋 (しもん)

銀河戦国群雄伝ライ (漫画) › 登場人物 › 紫紋

瓦解した神聖銀河帝国の将官で、帝国残党を取りまとめていた阿曽主禅のひとり娘。母親は神聖銀河帝国皇帝の息女で、皇家の血を引く最後のひとり...

麗羅 (れいら)

銀河戦国群雄伝ライ (漫画) › 登場人物 › 麗羅

五丈国の国主・比紀弾正が晩年に授かった娘。父親に直訴する竜我雷の姿を見かけて以来、彼に関心を持ち、何かと絡むようになる。権勢を誇る父に...

大覚屋 師真 (だいがくや ししん)

銀河戦国群雄伝ライ (漫画) › 登場人物 › 大覚屋 師真

南京楼の豪商・大覚屋の長男。史書、経書、兵法、天文、医学などあらゆる学問に通じる全銀河屈指の天才戦略家だが、普段は酒と女に溺れる日々を...

大覚屋 英真 (だいがくや えいしん)

銀河戦国群雄伝ライ (漫画) › 登場人物 › 大覚屋 英真

南京楼の豪商・大覚屋の次男で、放蕩者の兄・大覚屋師真に代わる跡取りとして周囲に期待されている。ただ、兄の才覚を承知している彼は兄に心酔...

孟閣 (もうかく)

銀河戦国群雄伝ライ (漫画) › 登場人物 › 孟閣

竜我雷が師団長として赴任した独立四〇七七重機甲師団の副師団長。冷静かつ勇猛、戦経験も豊富な強者である。当初は異例の出世で自分の上官とな...

項武 (こうぶ)

銀河戦国群雄伝ライ (漫画) › 登場人物 › 項武

南京楼の近くに拠点を構え、父・項焉と共に海賊行為を行っていたが、竜我雷の度量の大きさに感服して海賊団ごと帰順した。重さ八十斤を超える大...

林則嘉 (りんそくか)

銀河戦国群雄伝ライ (漫画) › 登場人物 › 林則嘉

南京楼に住まう、読書が趣味のうだつの上がらない青年。仕事をサボって読書をする悪癖が抜けず、ことごとく勤め先をクビになり、食事にも事欠い...

雲海入道 (うんかい にゅうどう)

銀河戦国群雄伝ライ (漫画) › 登場人物 › 雲海入道

太助と共に、竜我雷が兵卒だった頃からの友人。かつては高僧に仕える身分だったが、大酒が祟って宗門を追われた過去を持つ。竜我雷にとっては全...

太助 (たすけ)

銀河戦国群雄伝ライ (漫画) › 登場人物 › 太助

竜我雷と同郷で、彼のことを兄と慕い、雲海入道と共に戦い続けてきた人懐っこい少年。小柄な体格だが、素早い身のこなしで、銃や爆薬を巧みに使...

比紀 弾正 (ひき だんじょう)

銀河戦国群雄伝ライ (漫画) › 登場人物 › 比紀 弾正

かつては神聖銀河帝国の左将軍として名声を馳せた男で、麗羅の実父でもある。皇帝の崩御により帝国が瓦解すると、いち早く軍を起こし、その圧倒...

鳳鳴 (ほうめい)

銀河戦国群雄伝ライ (漫画) › 登場人物 › 鳳鳴

比紀弾正が誇る五丈四天王の筆頭で、常に仮面を付けた冷酷な将軍。序列上では、比紀弾正に次ぐ五丈国のナンバー2に位置し、多くの将兵を指揮す...

玄偉 (げんい)

銀河戦国群雄伝ライ (漫画) › 登場人物 › 玄偉

比紀弾正が誇る五丈四天王のひとり。元々は神聖銀河帝国の将軍だったが、帝国の崩壊を食い止めることは不可能と考え、早々に比紀弾正に降る。優...

華玉 (かぎょく)

銀河戦国群雄伝ライ (漫画) › 登場人物 › 華玉

五丈四天王のひとりである玄偉の腹心。誰もが認める美女だが、それだけでなく優れた頭脳も併せ持つ才女。また、比紀弾正の相談役であった李張道...

蘭々 (らんらん)

銀河戦国群雄伝ライ (漫画) › 登場人物 › 蘭々

華玉の妹で、姉と共に、李張道士の元で学んでいた少女。紫紋の側仕えを担っており、竜我雷が南京楼に赴任したときにも、主人につき従っている。...

狼刃 (ろうは)

銀河戦国群雄伝ライ (漫画) › 登場人物 › 狼刃

比紀弾正が誇る五丈四天王のひとりで、女性ながら知勇兼備の名将として名高い。竜我雷の天下人としての素質を早くから見抜き、自軍の一個師団を...

骸羅 (がいら)

銀河戦国群雄伝ライ (漫画) › 登場人物 › 骸羅

比紀弾正の旗揚げ時からの宿将で、南蛮人の血を引く虎頭の巨漢。見た目通り、相手を腕力で捻じ伏せる強引な性格で、用兵も力押しの突撃ばかりだ...

骸延 (がいえん)

銀河戦国群雄伝ライ (漫画) › 登場人物 › 骸延

五丈四天王のひとりであり、後の大五丈皇帝・骸羅の末弟。兄たちと同じく南蛮の血を引く獣頭人身の男だが、武力一辺倒の兄とは違って知略に優れ...

李張 (りちょう)

銀河戦国群雄伝ライ (漫画) › 登場人物 › 李張

五丈国の国主・比紀弾正が旗揚げの際に招聘した軍師で、五丈国の成立に大きく貢献した。現在は引退して相談役といった立場だが、五丈国の重臣た...

独眼竜 正宗 (どくがんりゅう まさむね)

銀河戦国群雄伝ライ (漫画) › 登場人物 › 独眼竜 正宗

銀河帝国の南天に位置する、智国の国主代理を務める隻眼の女将。正宗とは智国の国主の尊号で、本名は紅玉と言う。父である先代・正宗が死去した...

飛竜 (ひりゅう)

銀河戦国群雄伝ライ (漫画) › 登場人物 › 飛竜

智国の軍人で、独眼竜正宗の親衛隊長を務める女性。独眼竜正宗にとっては、全幅の信頼をおく知恵袋でもある。常に主の側にあって的確な助言で補...

虎丸 (とらまる)

銀河戦国群雄伝ライ (漫画) › 登場人物 › 虎丸

智国の太子で、独眼竜正宗の歳の離れた実弟。虎丸は幼名で、本名は紅膳という。幼さのせいもあるが、知勇に優れる姉とは対照的に凡庸な人物で、...

羅候 (らこう)

銀河戦国群雄伝ライ (漫画) › 登場人物 › 羅候

南天の小国・練国の太子で、比紀弾正の南征で父・羅鶴が戦死したことから、若くして練国の国主となる。血の気が多く、直情径行な性格ゆえに当初...

姜子昌 (きょうししょう)

銀河戦国群雄伝ライ (漫画) › 登場人物 › 姜子昌

若い頃から練国の麒麟児として、その才覚を嘱望されていた名将。比紀弾正率いる五丈国軍が南天に侵攻した際、南天連合として迎撃に参加すること...

邑峻 (ゆうしゅん)

銀河戦国群雄伝ライ (漫画) › 登場人物 › 邑峻

南蛮王国の王女で、後に羅候の妻となる女性。明るく元気な娘だが、武芸を好み、輿入れの際に百人の武装した女兵士を引き連れたり、身重の体で戦...

蹄庖 (ていほう)

銀河戦国群雄伝ライ (漫画) › 登場人物 › 蹄庖

練国の若き参軍校尉で大都督(大将軍)・姜子昌の右腕と評される知勇兼備の男。本国を離れられない姜子昌に代わって銀河を渡り歩き、美しい容姿...

秦宮括 (しんていかつ)

銀河戦国群雄伝ライ (漫画) › 登場人物 › 秦宮括

銀河の辺境に位置する異民族国家・西羌国の王子で、武芸に秀でた若武者である。五丈国を追われ西羌国に亡命していた玄偉を訝しんでおり、父王・...