ジャンル「風刺」の漫画作品一覧

かりあげクン

三流総合商社ほんにゃら産業K.K.勤務の万年ヒラ社員である独身サラリーマン・かりあげ(かりあげ正太)は、天才的なイタズラ者である。ポー...

じじぬき

長男一家と同居する老人のガンさんは、家族から疎ましく思われていた。本人は気にせず意地を張り続けていたが、嫁と衝突したある日、ガンさんは...

ほらふきドンドン

ドンドンはいつも世間に対し喝を入れている、一見厳しい和尚。しかし冬の寒い朝、寒がりのドンドンは、日課の外での体操もインチキしてやってい...

もう、俺ハエでいいや

お笑いユニット「こけし達」の大ハシ正ヤが描く、日常に潜む笑いや思わずクスリと笑ってしまうような単発ネタを1ページ1コマで描くナンセンス...

ウォッカ・タイム

ソビエト連邦の最高指導者であるチェルネンコは、国民から人気のないことに悩みつつ、側近をわがままで困らせていた。若いゴルバチョフが台頭し...

オバタリアン

おばさんの典型であるオバタリアンがあらゆる場所に進出して、周囲に迷惑をかける物語。被害を受けた人々はなすすべもなく、その上、若い女性た...

サラリーマン死神

成績不振により、エンマ社長から地上への単身赴任を命ぜられた死神106番。1年間に12人の魂を地獄へ連れ帰るというノルマを果たすため、死...

シアターアッパレ

中曽根首相から次期総裁候補の指名争いをする竹下さん、安倍さん、宮沢さんだったが、そこに二階堂さんが老骨にムチ打って参入。混迷の中、幹事...

並平家の一日

平均的な日本の中流家庭並平家。しかし、その「平均ぶり」は驚くべきものだった。画一化する日本を風刺したコメディ短編。

原始さん

昭和70年の大都市に現れた大昔の巨大な神様原始さんが、行き過ぎた文明の象徴である大都市を破壊して原始に戻れと叫ぶ。行き過ぎた文明化に警...

右曲がりのダンディー

1980年代末の日本。一条まさと(27歳)は、一流会社に勤務するエリート・サラリーマンで、アレがちょっと「右曲がり」ということを気にし...

国家の猫ムラヤマ

2×××年、絶滅しかけている人間に代わって動物達が政権を握るようになった。ツシマヤマネコのムラヤマ総理は、投票率0%の中総理続投となる...

宮河家の空腹

妹の宮河ひかげと姉の宮河ひなたが生活をする宮河家。極度のオタク気質でアニメやゲーム、さらにそれらのグッズに目がないひなたの散財ぶりは生...

“徘徊老人”ドン・キホーテ

かつて大企業の社長でありながら、ホームレスに身を落とし痴呆となった徘徊老人は、自分の前から姿を消した妻を探しながら、正義と秩序を失った...

怪物マチコミ

人の創造力を食い物にし、使い捨てにしてしまうマチコミ(マスコミ)に翻弄される男の悲劇をどこかユーモラスに描いた作品。

純喫茶のこりび

2001年から2003年にかけての政治やスポーツなど、時事問題を題材にしたショートギャグ漫画。第7回文化庁メディア芸術祭マンガ部門 奨...

詩人ケン

ケンは、自由とは何か、愛とは何かをつねに考える詩人。愛妻ルルは、まだ赤ん坊のランボーを抱えたまま、無職の夫を支えている。ある日、北朝鮮...

鬼灯の冷徹

主人公の鬼灯は、人材不足に悩む日本地獄全272部署を仕切るにおいて、有能な鬼神。彼は今日も閻魔大王を叩きつつ、裁判の補佐・現世や他宗教...