ルルーシュ・ランペルージ

ルルーシュ・ランペルージ

コードギアス 反逆のルルーシュR2(テレビアニメ)の主人公。

登場作品
コードギアス 反逆のルルーシュR2(テレビアニメ)
正式名称
ルルーシュ・ランペルージ
ふりがな
るるーしゅらんぺるーじ
関連商品
Amazon 楽天

概要

エリア11の私立高校アッシュフォード学園に通う高校生で、生徒会副会長。細身で黒髪の青年。容姿端麗で女生徒からの人気は高い。聡明だがどこか達観した言動が多く、人とは一線を引いた振る舞いを取っているが、妹のナナリーを溺愛し、何事にも優先している。

出自を隠すため本名であるルルーシュ・ヴィ・ブリタニアではなく偽名を名乗ってはいるが、神聖ブリタニア帝国の第11皇子。幼少時、母マリアンヌ・ヴィ・ブリタニアが何者かの襲撃により殺害され、それを防ぐことができなかった父であり皇帝シャルル・ジ・ブリタニアを糾弾するも、人質として妹ナナリー・ヴィ・ブリタニア共々日本へ送られる。

この際、枢木スザクと出会い、親友となる。

神聖ブリタニア帝国の日本侵攻において公的には死亡したとされるが、神聖ブリタニア帝国の貴族アッシュフォード家に匿われている。ギアスを手に入れてからは、日本解放を求めるレジスタンス扇グループを中核とした黒の騎士団を結成し、学生とテロリストの首領ゼロとの二重生活を送る。

幼少期の母マリアンヌの死の真相を究明するため、ギアスを用いながら裏切り工作や奇策によってブリタニア軍を次々と破りつつブリタニア権力の中枢へと迫る。

戦況や事態の先読みが得意で、あらかじめ洗脳した敵兵を状況に応じて使い分け、危機的な状況を幾度となく切り抜けるが、それゆえ不測の事態には脆い面もある。

ナイトメアフレームの操縦、運動能力は人並み程度。大義を成すため、人を駒としか思わない残忍な作戦を躊躇なく実行するが、身近な人間の犠牲に対してはまだ躊躇い、後悔を覗かせる。

チェスが得意。黒の騎士団を率いてのブリタニアからの独立戦争、通称ブラックリベリオン時、神根島の遺跡にて枢木スザクゼロの正体を知られた上に捕縛され、皇帝シャルル・ジ・ブリタニアの前に引き出される。

彼のギアスにより、自分が皇族であること、ゼロであること、母マリアンヌ・ヴィ・ブリタニアと妹ナナリー・ヴィ・ブリタニアのことに関する記憶を改竄され、私立高校アッシュフォード学院に戻され1年間学生生活を送っていた。

黒の騎士団の救出活動によりC.C.と接触したことで記憶が戻るが、監視の目を警戒し、周囲には悟られないようゼロとしての活動を再開する。

しかし、ナナリーがフレイヤによる攻撃によって消息不明となり、さらにはシュナイゼル・エル・ブリタニアにより黒の騎士団へ自分の素生とギアス能力について暴露されたことで、黒の騎士団を追放され窮地に立たされてしまう。

登場作品

コードギアス 反逆のルルーシュR2

黒の騎士団を先鋒とした日本人の一斉蜂起事件ブラックリベリオンから1年。エリア11のトウキョウ租界もようやく復興が進んでいた。私立高校アッシュフォード学園に通うルルーシュ・ランペルージは平和な日常を送り... 関連ページ:コードギアス 反逆のルルーシュR2

SHARE
EC
Amazon
logo