イクメナ化学工場

いのちの地球 ダイオキシンの夏(アニメ映画)に登場する施設。読みは「いくめなかがくこうじょう」。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
いのちの地球 ダイオキシンの夏(アニメ映画)
正式名称
イクメナ化学工場
ふりがな
いくめなかがくこうじょう

総合スレッド

イクメナ化学工場(いのちの地球 ダイオキシンの夏)の総合スレッド
2016.01.25 12:30

概要

セベソの北2キロにある小さな街メダにあった化学工場。反応ガマの爆発事故で大量のダイオキシンを飛散させてしまう。工場側は当初飛散した物質は、害の少ないトリクロロフェノールだったと発表し、ダイオキシン汚染の事実は隠されていた。

また工場の安全管理は杜撰で、また開設時期も古いために、周囲には工場が危険物を扱っているこをほとんど知られていなかった。

現実の企業の正式名称はICMESA (Industrie Chimiche Meda Societa) 社で親会社はジボダン社。

登場作品

1976年7月10日、北イタリアのセベソに暮らす少女ジュリアは、友人たちを招き自宅の庭でささやかな11歳の誕生日パーティを開いていた。その時、轟音と供に北方の空に巨大な黒煙が吹き上がり、付近には白い微...