ラクネラ・アラクネラ

モンスター娘のいる日常(漫画)の登場人物。別称、ラク姉さん。

  • ラクネラ・アラクネラ
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
モンスター娘のいる日常(漫画)
正式名称
ラクネラ・アラクネラ
ふりがな
らくねらあらくねら
別称
ラク姉さん

総合スレッド

ラクネラ・アラクネラ(モンスター娘のいる日常)の総合スレッド
2016.08.10 14:55

概要

身体がクモのアラクネの女性。公人の家に六番目にやってきた。クールで落ち着いた性格の現実主義者。他種族と人間とのぶつかり合いに対しては、ある程度悲観的な考え方を持っている。クモの身体が人間から不気味に思われることがどうしても多く、かつてのホストファミリーから嫌がられ、人間に対して激しい不信感を抱いていた。

しかし公人の誠実さで心を開く。一緒に住む仲間からは「ラク姉さん」と呼ばれており、パピスーの面倒を見てあげたり、公人の相談に乗ったりしている。一方で真面目すぎて警戒しているセントレアをいじって遊んだり、自分の糸で縛り上げたりと、サディスティックな行動をとって楽しむことがある。

いざというときや仲間を遊ばせるときに、自分の身体から出る糸を自在に操るが、出し過ぎるとお腹が減る。腹部に呼吸器があるため、風呂など水に浸かるのが苦手。公人のことを「ハニー」と呼んでいる。

登場作品

亜人種が人間と交流する「他種族間交流法」により、数多くの他種族が社会に進出するようになった。ある日来留主公人は、墨須のミスにより偶然ホストファミリーとなり、ラミアのミーアを引き受けることになる。ミーア...