モンスター娘のいる日常

モンスター娘のいる日常

舞台はラミアやハーピー、ケンタウロスなどの他種族が存在する世界。人間と他種族の交流を目的とした法案「他種族間交流法」により、様々な他種族が社会に現れるようになった。平凡な青年、来留主公人は、ある日ホストファミリーとして亜人種族を受け入れることになり、次々と現れる美少女亜人種たちが起こす騒動に巻き込まれていく。2007年にインターネット上のモンスター娘スレッドに作者が投稿していた成人向け1ページマンガが基となった作品。2011年にはアンソロジーコミック「けもも」で読み切りが連載され、2012年5月号から「月刊COMICリュウ」で連載開始した。作者の初連載作品。

正式名称
モンスター娘のいる日常
作者
ジャンル
ラブ・コメディ
レーベル
リュウ コミックス(徳間書店)
巻数
既刊12巻
関連商品
Amazon 楽天

あらすじ

単行本第1巻

亜人種と人間との交流を目的とした「他種族間交流法」の施行により、数多くの他種族が社会に進出するようになった。ある日、平凡な青年、来留主公人は、他種族間交流コーディネーターの墨須の手違いによって偶然ホストファミリーとなり、ラミアの少女、ミーアを引き受けることになる。ミーアは公人のことをすっかり気に入り、彼に積極的に詰め寄るようになる。しかし「他種族間交流法」には、他種族に対してケガをさせてはいけない、つまり性行為によるキズモノにしてもいけない、という決まりがあった。生殺しの状態の彼のもとに、さらにハーピーのパピ、ケンタウロスのセレアという2人の亜人種少女が押しかけ、ドタバタなハーレム生活がはじまった。

単行本第2巻

他種族間交流法が改正され、人間と他種族間の結婚を許可するという項目が追加された。公人はそのテストケースとして選ばれ、ミーア、パピ、セレアのうち誰かと結婚するように命令されてしまう。結婚の話が出たためミーアたちのアプローチはさらに激しくなり、覚悟を決めた公人は3人と結婚を前提として付き合っていくことを宣言する。

そんな中、公人の家にはスライムのスー、さらには人魚のメロが暮らすようになり、以前にもまして騒々しい日々を送っていくのだった。

単行本第3巻

ラミアのミーア、ハーピーのパピ、ケンタウロスのセレア、スライムのスー、人魚のメロといった他種族5人が一同に暮らす大所帯となった公人家。公人か風邪をひいたり、他種族が起こす犯罪に対抗するための特別部隊、MON(モンスターオブアニューロゥ)が登場するなど、騒動は絶えない。そんなある日、パピが突然「卵が生まれる」と発言し、公人家は大混乱。さらにはどこからか話を聞きつけた自称、映像監督の男が現れ、取材を申し入れるのだった。

単行本第4巻

自称監督の男からパピたちを守り抜いた公人だったが、男と暮らしていたアラクネのラクネラ・アラクネラに拉致されてしまう。かつてのホストファミリーに売り飛ばされ、人間不信に陥っていた彼女の目的は、お人好しの公人を試して本性を暴くこと。しかし、どこまでも誠実な公人にラクネラはほだされ、結局彼女も公人家のの一員に。こうして公人のハーレム状態に、またひとりの他種族美少女が加わることになるのだった。

単行本第5巻

ある日、公人のもとに「誰かと結婚したら殺す」と脅迫状が届く。「D」と名乗る謎の脅迫犯をおびきよせるべく、公人たちがとった作戦は「デートをすること」であった。こうして公人はミーア、パピ、セレアの順番に2人きりでデートをすることになるのだった。

単行本第6巻

結局、脅迫状騒ぎはミーアたちとの関係をなかなか進展させない公人を焚きつけようとした墨須の仕業であった。これにて一件落着かと思われたが、もう一通の脅迫状が公人のもとに届いた。そして、彼らのもとに現れたのは死神、デュラハンの少女ララであった。彼女は公人に「貴様は死に瀕している」と告げるのだった。

単行本第7巻

ある日突然、公人家にミーア、パピ、セレアの母がやってくることに。娘よりもさらに奔放な母たちの登場に、公人たちは大混乱。そして、その騒動のなかで、彼女たちが留学してきた真の目的が明らかになっていく。

単行本第8巻

ミーアたちが起こした騒ぎで破壊された公人家を改修する間、旅行に行くことになった公人一行。到着した先は、雪女の雪緒が女将を務める他種族完全対応の温泉旅館であった。さらには立ち寄った神社や牧場で、またも他種族の美少女たちと遭遇していく。

単行本第9巻

実は、メロが人魚王国の姫君であることが判明。女王である母に呼びつけられたメロに付き添って、公人一行は人魚王国の最高級ホテルへと向かう。そこで明らかになったのは、メロの母が彼女の留学を取りやめにしようとしていることであった。さらには、人魚をかどわかす魔女と恐れられているスキュラのオクトに、メロが誘拐されてしまう。

単行本第10巻

ララが起こした事件のせいで、MONのメンバーが謹慎処分を受けてしまう。公人はその詫びのため、MONのメンバー4人と1日ずつデートをすることになった。当然、平穏無事にいくはずもなく、次々と現れる他種族美少女たちが起こす騒動に巻き込まれることになってしまう。

単行本第11巻

公人のもとに、3人の危険種族が入国したとの知らせが入った。墨須は何かと騒動に巻き込まれる公人の身を案じ、護衛をセレアに依頼。騎士らしい仕事に張り切るセレアと公人たちの前に、キラービーのキーラ、マタンゴのキノが現れるのだった。

単行本第12巻

入国した危険種族最後の1人は、吸血鬼のバンパイアであった。公人たちは吸血鬼の目から身を隠すため、他種族交流博覧会、通称「交流エキスポ」へと参加。そこでパピはどこか物憂げな少女、キュリーと出会い、友人となっていく。しかし、彼女にはある秘密があったのだった。

登場人物・キャラクター

主人公

優しく温厚な性格の青年。他種族に対しても偏見を持たず、平等に接している。他種族間交流コーディネーターの墨須のミスで、たまたまホストファミリーにされてしまい、ラミアのミーアと共に暮らすことになった。他種... 関連ページ:来留主 公人

下半身が大蛇の、ラミアの少女。バスト86センチ、ウエスト55センチ、ヒップ90センチ、Fカップ。全長7メートル以上。感情豊かで情熱的な性格。素直で裏表がなく、ストレートに思いを吐露する。公人の家に最初... 関連ページ:ミーア

政府所属の、他種族間交流コーディネーターの女性。留学生の世話、ホストファミリーへの連絡や配慮、他種族間交流法違反の取り締まりが主な仕事。他種族の犯罪に対処する組織、MON(モンスターオブアニューロゥ)... 関連ページ:墨須

鳥類の身体を持つハーピーの少女。バスト70センチ、ウエスト51センチ、ヒップ75センチ、Aカップ。体重31キロ、翼幅は約4メートル。公人の家には2番目にやってきた。小柄で、行動が幼稚なため子供に見える... 関連ページ:パピ

下半身が馬型のケンタウロスの少女。あだ名はセレア。バスト103センチ、ウエスト61センチ、ヒップは測定不能。バストは公称Iカップだが、本人が恥ずかしがって小さめに申告するので実際はそれ以上。ミーアやパ... 関連ページ:セントレア・シアヌス

少女型のスライム。大きさは自由自在、重さも変幻自在。公人の家には4番目にやってきた。ただし「他種族間交流法」に基づいた留学生ではなく、密入国者。墨須の独断と偏見で公人の家に預けている。基本的には不定形... 関連ページ:スー

人魚の少女。全長178センチ、体重49キロ。バスト85センチ、ウエスト55センチ、ヒップ92センチ。公人の家には5番目にやってきた。高貴な立ち振る舞いをする、おっとりした性格で、世間知らずのせいか、天... 関連ページ:メロウヌ・ローレライ・ド・ネプチューン

身体がクモのアラクネの女性。身長198センチ、体重82キロ。バスト92センチ、ウエスト55センチ、ヒップ87センチ、Hカップ。公人の家には6番目にやってきた。クールで落ち着いた性格の現実主義者。他種族... 関連ページ:ラクネラ・アラクネラ

デュラハンの少女。身長158センチ。バスト85センチ、ウエスト54センチ、ヒップ84センチ、Eカップ。中二病をこじらせており、大仰な物言いをするが、話している内容はいたって普通。セリフをいう際、毎回大... 関連ページ:ララ

目が一つのモノアイ(単眼)の少女。他種族の犯罪に対処する組織、MON(モンスターオブアニューロゥ)の一員。瞳孔の大きさと水晶体の厚さが人間の数倍あり、優れた視野と視力を持っている。その特性を活かし、2... 関連ページ:マナコ

鬼人(オーガ)の女性。他種族の犯罪に対処する組織、MON(モンスターオブアニューロゥ)の一員。身長227センチ、バスト160センチのPカップ。あだ名はティオ。強靭な筋肉をもち、特殊バリケードシールドを... 関連ページ:ティオニシア

不死の身体を持つ、リビングデッド(ゾンビ)の女性。他種族の犯罪に対処する組織、MON(モンスターオブアニューロゥ)の一員。不死の身体を持っており、事件が起きた際は飛び込んで銃火器を武器に前線で戦う切り... 関連ページ:ゾンビーナ

影人(ドッペルゲンガー)の女性。他種族の犯罪に対処する組織、MON(モンスターオブアニューロゥ)の一員。普段は褐色の肌に白い髪の毛、黒い白目に黄色い黒目をしている。身長は129cm、体重は25kgと極... 関連ページ:ドッペル

ドリアードの少女。ハーピーのパピに見つけられて、森のなかに植えられた。栄養と水分を摂取しすぎると、症状がすぐ体に現れるため、幼かったり大人の姿になったりと、外見はあまり安定しない。不法投棄された栄養剤... 関連ページ:キー

コボルトの女性。身長158センチ、体重51キロ。バスト86センチ、ウェスト60センチ、ヒップ88センチ、Dカップ。他種族向けのスポーツジムのオーナー兼トレーナー。いつも元気で、性格は極めてポジティブ。... 関連ページ:ポルト

ドラゴニュートの女性。身長163センチ、体重55キロ、バスト80センチ、ウエスト59センチ、ヒップ85センチ、Bカップ。公人がミーアと一緒にいるのに嫉妬し、彼女を誘拐しようとした。はじめは男性的な物腰... 関連ページ:ドラコ

デビル(悪魔)の少女。身長120センチ、体重25キロ。バスト63センチ、ウエスト54センチ、ヒップ69センチ、Aカップ。非常に小柄で、見た目は子供のようだが、実は大人。催眠術を使うことができ、それをい... 関連ページ:リリス

雪女。身長170センチ、体重58キロ、バスト89センチ、ウエスト57センチ、ヒップ86センチ、Fカップ。他種族完全対応の温泉旅館「雪の宿」の女将。この旅館にホームステイしてから、そのおもてなしの精神に... 関連ページ:雪緒

その他キーワード

他種族間交流法

作中時間から3年前に施行された新法案。政府に秘匿されていた亜人種(ある程度人間の形をしている)と人類の文化交流推進が目的。人類と亜人種が同じ社会で暮らせるように一定の規則を定めている。人類側からホスト... 関連ページ:他種族間交流法

書誌情報

モンスター娘のいる日常 既刊12巻 徳間書店〈リュウ コミックス〉 連載中

第1巻

(2012年10月発行、 978-4199503061)

第2巻

(2013年3月発行、 978-4199503245)

第3巻

(2013年8月発行、 978-4199503474)

第4巻

(2013年12月発行、 978-4199503627)

第5巻

(2014年4月発行、 978-4199503863)

第6巻

(2014年10月発行、 978-4199504129)

第7巻

(2015年4月発行、 978-4199504419)

第8巻

(2015年8月12日発行、 978-4199504655)

第9巻

(2016年2月13日発行、 978-4199504921)

第10巻

(2016年6月13日発行、 978-4199505133)

第11巻

(2016年11月11日発行、 978-4199505355)

第12巻

(2017年4月13日発行、 978-4199505607)

SHARE
EC
Amazon
logo