両津 勘吉

こちら葛飾区亀有公園前派出所(漫画)の主人公。読みは「りょうつ かんきち」。別称、両津。星逃田とはライバル関係。

  • 両津 勘吉
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
こちら葛飾区亀有公園前派出所(漫画)
正式名称
両津 勘吉
ふりがな
りょうつ かんきち
別称
両津
レーベル
ジャンプ・コミックス(集英社) / 集英社文庫 コミック版(集英社)

総合スレッド

両津 勘吉(こちら葛飾区亀有公園前派出所)の総合スレッド
2016.01.25 12:41

新着関連ガイド

グサっと来た! 『こち亀』両さんらしい発言集
マンガペディア公式 2016.07.13 12:00
連載40周年突破!ご長寿マンガ「こち亀」、オススメの爆笑回8
マンガペディア公式 2016.06.08 20:00
連載40周年突破!ご長寿マンガ「こち亀」、オススメの爆笑回7
マンガペディア公式 2016.06.01 12:00
連載40周年突破!ご長寿マンガ「こち亀」、オススメの爆笑回6
マンガペディア公式 2016.05.25 12:00

新着関連ガイドもっとみる

概要

亀有公園前派出所に勤務する巡査長。身長167cm、体重71kg、血液型はB型、誕生日は3月3日。台東区千束生まれで、実家はつくだ煮屋。父は両津銀次、母は両津よね、弟は両津金次郎、祖父は両津勘兵衛、その他親戚多数。角刈りに繋がり眉毛、短足ガニ股でずんぐりした体形が特徴。

短気で強欲かつ無鉄砲な性格。勤務態度は最悪で、遅刻・無断欠勤・職務怠慢の常習犯。これまでに書いた始末書の数は三万枚以上で、「始末書の両さん」と呼ばれるほど。だが、犯人の検挙率は高いため、懲戒免職にならずにすんでいる。また正義感が強く、道を踏み外した者には厳しく接し、性根を叩き直している。根は優しく面倒見がよく、特に子供や老人には思いやり深い。

後に「超神田寿司」に就職。公務員の兼業は許可されないため、戸籍を入手し「浅草一郎」として寿司職人となる。驚異的体力の持ち主であり、深海や雪山、ジャングルなど常人では生存不可能な場所でも生還している。また、運動神経も優れスポーツ万能(ただし、昔は野球のルールをまったく知らなかった)。

賞金目当てに数多くの鉄人レースやスポーツ大会に参加し、超人的身体能力で他選手を圧倒している。さらに体内にはどんな病原菌でも一瞬にして殺してしまう抗体「リョーツGPX」が存在する。そのため、産まれてから一度も予防接種を受けたことがない。学校の勉強は苦手だが決して知能が低いわけではなく、金勘定の計算が早かったり、危険物取扱者や気象予報士の資格を習得したりと、金が絡むと驚異的能力を発揮する。

ビジネスの才にも長け、斬新な発想で数々の事業を成功させている。だが、大抵は金に目がくらみあくどい商売に走り、結果無一文となることがほとんど。無計画で金の使い方も荒いため、商店街のツケ、中川からの借金など、総額数千億円を超す借金を抱えている。趣味はギャンブル、酒、その他ホビー方面と多岐にわたる。

ギャンブルはパチンコ・競馬・花札など、ほぼすべてを嗜んでいる。特にパチンコの腕は一流で、たびたびパチンコ屋から大量の景品を奪い取っている。酒は異常に強く、日本酒を樽ごと飲み干すほど。その姿から「うわばみ」と言われ「バッカス両津」を自称。ホビー方面では、おもちゃ、アニメ、サバイバルゲーム、TVゲーム、パソコンなどと幅広い知識を持つ。

好奇心旺盛のため、最新の電化製品やIT関連にも強い。手先が器用で、プラモデルやフィギュアの造形はプロ並み。漫画家として乙姫奈々と同じ雑誌に連載を持っていたこともある。夏春都の厳しい修行を受け、寿司職人としての腕前も一流となる。

登場人物・キャラクター

新葛飾警察署所属の警察官。ゴリラのようないかつい顔だが、東大卒の秀才。その頭脳を両津に悪用されることが多い。後に、凄苦残念に改名。
警視庁が開発したロボット警官4号。名前は両津が命名したもので、正式名称は警視庁開発4号乙型ロボット。両津のことを「神様」と呼ぶように命令された。バッテリーの充電量によって能力が変動し、フル充電時は大学...
警視庁所属の刑事。太い眉に鋭い眼光と劇画調の容姿で、登場すると漫画のコマ割りまで劇画調になってしまう。あだ名は「ほしにげた」。一時姿を消した後、再登場を果たすが、頭がハゲ上がってしまっており両津らに「...

関連キーワード

両津らが勤務している。入口すぐにはデスクが二つあり、両津の席は内側から見て右側、左側は麗子の席。奥には台所と休憩室がある。幾度となく破壊されているが、そのほとんどがの原因は両津である。1994年、現実...

登場作品

世界観主な舞台は作品タイトルどおり東京都葛飾区亀有や、纏の実家で両津が板前として働く「超神田寿司」がある神田など、いわゆる東京の下町である。また、流行の発信地として、秋葉原や渋谷も舞台となることがある...