小澤 昌一

氷の掌 シベリア抑留記(漫画)の主人公。読みは「おざわ まさかず」。別称、小澤。

  • 小澤 昌一
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
氷の掌 シベリア抑留記(漫画)
正式名称
小澤 昌一
ふりがな
おざわ まさかず
別称
小澤

総合スレッド

小澤 昌一(氷の掌 シベリア抑留記)の総合スレッド
2016.08.10 14:55

概要

東洋大学の学生であったが、昭和二十年一月に、臨時召集令状が届き出征することとなる。兵役検査では第一乙との評価を受けていた。学生の頃は本郷で下宿しており、読書好きであった。おはぎが好物。入隊するために、故郷の名古屋に帰り、その後、兵庫県加古川市にて歩兵連隊に入隊。

二週間で移動となり、北満州の遜呉へと赴き、関東軍に配属される。この地で終戦を迎え、ソ連軍の捕虜となった。最初に連行された収容所は、黒竜江(アムール川)沿いのキヴダ収容所。10月10日に、キヴダ収容所に到着するが、移動を始めた頃は夏であったため、極寒の地ながら、夏服のままであった。収容された年の冬に生死の境を彷徨うが、奇跡的に一命を取り留めている。

だが、これにより体力が格段に落ちたため、キヴダ収容所では使い物にならないとされ、ライチハ(ライチヒンスク)へと移された。ライチハでは生活環境が向上した一方で、ソ連による思想教育により、かつての仲間達が争う様を見せられることとなる。このライチハの収容所にて、小澤は「流れるように生きていこう」という心境に達したという。

ライチハの次は、アムール川の島にある収容所へ移されている。ここでは居住環境こそ悪化したものの、監視者たちとのトラブルもなく、牧草を刈っての飼料作りや農作業などに精を出し、比較的に穏やかな日々を過ごすこととなる。アムール川の島にあった収容所が、捕虜生活最後の地となり、この地にて帰国の許可を受けた。

シベリア鉄道でナホトカまで移送された後、栄徳丸に乗って帰国。この際には、アムール川の島にあった収容所で一緒だった碓氷だけでなく、キヴダ収容所で別れた加藤とも奇跡的に再会している。昭和二十四年十一月四日、舞鶴港にて、再び日本の地を踏んでいる。

帰国後は、捕虜時代のことを忘れようとし、事実、大部分を忘れて生きていたが、娘・おざわゆきの、シベリア抑留についての漫画を描きたいという要望に応え、記憶をたどって、体験談を語るようになる。その記憶は、かなり奥へと仕舞われていたようであり、作者による質問に対する応答をするうちに、時間を前後して新たな事が幾度も浮かび上がってきたという。

取材を受けるうちに、少しずつ過去のことに触れる積極さが出て、舞鶴の引揚げ記念五十周年の式典に出席した。この地にて、辛いことをいろいろ思い出させたことを謝る娘に対して、「そんでもまあ、舞鶴に来て良かったわ」と述べている。

登場作品

学徒動員を受け、関東軍に配属された小澤昌一は、満州の地で敗戦を迎えた。ソ連軍の捕虜となり、シベリアへ連行され、労働を強いられることとなる。極寒の地でバタバタと倒れていく仲間達。最初に収容されたキヴダ収...