氷の掌 シベリア抑留記

氷の掌 シベリア抑留記

第二次世界大戦終了後、ソ連軍の捕虜となり、シベリア抑留を受けた小澤昌一。学徒出陣し、まだ年若かった彼が、シベリアの地で味わった、恐怖と絶望、人間の善性・業などが描かれた体験記。小澤昌一の娘、おざわまりが取材し、漫画を描いている。2012年度第16回文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞受賞。第44回(2015年度)日本漫画家協会賞コミック部門大賞。

概要

学徒動員を受け、関東軍に配属された小澤昌一は、満州の地で敗戦を迎えた。ソ連軍の捕虜となり、シベリアへ連行され、労働を強いられることとなる。極寒の地でバタバタと倒れていく仲間達。最初に収容されたキヴダ収容所で、小澤も危うく命を落としかける。普通の少年だった小澤だが、過酷な環境の中で強烈な体験をし、運命の波に流れるように生きていこうと考えるようになっていく。

登場人物・キャラクター

主人公

東洋大学の学生であったが、昭和二十年一月に、臨時召集令状が届き出征することとなる。兵役検査では第一乙との評価を受けていた。学生の頃は本郷で下宿しており、読書好きであった。おはぎが好物。入隊するために、... 関連ページ:小澤 昌一

メガネをかけた陽気で感情豊かな男。関東軍に配属された小澤と同室となる。終戦後、ソ連軍の捕虜となり、キヴダ収容所へと連行された。収容所では、いろいろと情報を仕入れてくるなど、気のまわるところがある。小澤... 関連ページ:加藤

関東軍に配属された小澤と同室だった人物。岐阜出身で、入隊前は御岳山が見られる地域で過ごし、家族と農作業をしていたという。終戦後、ソ連軍の捕虜となり、キヴダ収容所へと連行された。優しい男であり、懲罰で部... 関連ページ:阿矢谷

満州の開拓団の子供だったが、軍の命令により、他の男手とともに、村から徴集される。塹壕を掘る手伝いなどをしていた。父は南方で戦死し、母と小さな妹と、3人暮らしをしていた。徴集により、彼の村は、男手がなく... 関連ページ:満州義勇隊の少年

体が弱く、キヴダ収容所で強制労働をさせられていた小澤の身近にいた仲間の中で、一番最初に命を落とした。物資の少ない収容所生活で、一人でも多く生き残るため、隊長の指示により、衣類を剥がれ、埋葬されるまでの... 関連ページ:鷲見

ライチハ収容所に収容されていた日本人。満州の通信社に勤めていたらしく、語学の素養があった。ライチハの前の収容所で、ソ連軍の兵舎で使役され、この際にロシア語を身に付けている。作業効率を維持するためにも、... 関連ページ:碓氷

ライチハ収容所に収容されていた元下士官。収容所では、人一倍まじめに働きノルマもこなしていたが、自分より働いていないゴマすり人間が給料を自分より多く貰っていたり、班長がかつての階級によって決められている... 関連ページ:

ライチハ収容所に収容されていた人物。収容所の作業の一貫として、収容所近くの民家の修理に借り出された際、その家の娘、ターニャと仲が良くなる。ターニャは、彼のためにカチューシャを歌い、日本に帰らないで欲し... 関連ページ:館林

ライチハ収容所に収容されていた。コンコンさんと呼ばれる宗教の信者であり、時折、収容所内で「コンコン様の予言」を語っていた。その内容は、いついつ帰国できるというものであり、一度も当たったことはなかったが... 関連ページ:コンコン様

ライチハ収容所に収容されていた日本陸軍の元大尉。その階級のために優遇を受けていたのか、収容所でも重労働を免れていた。このためもあって、柳から目の仇にされる。収容所内に共産主義教育の波が押し寄せて後、柳... 関連ページ:橋口

集団・組織

突撃隊

『氷の掌 シベリア抑留記』の組織。ライチハの収容所で作られた共産党に傾倒する者たちの組織。共産主義を学び、日本へ持ち帰って日本を共産主義の国家へと作り変えるための教育などを行う。突撃隊員は、食糧配給な... 関連ページ:突撃隊

場所

キヴダ収容所

シベリアの強制労働収容施設。炭鉱のそばにつくられており、収容された人々は石炭堀りをやらされていた。環境は劣悪で、日本人が作らされた建物があったが、粗末であったため、連れて来られた後に、小澤たちが作り直... 関連ページ:キヴダ収容所

ライチハ収容所

約8000人が収容されていた大きな収容所。キヴダ収容所と違い、建物が立派で、食事面・衛生面も、格段に充実していた。炭鉱場であったが、土木作業や丸太の運搬・切り出しなどの業務も存在した。ここの捕虜達のう... 関連ページ:ライチハ収容所

その他キーワード

アクチブ

『氷の掌 シベリア抑留記』で使われている用語。共産党の活動家のことを指す。彼らは資本主義などを認めず、共産主義を至上とし、周囲の人々に思想教育を行っていく。また、人々を共産主義の思想に染め上げていくた... 関連ページ:アクチブ

SHARE
EC
Amazon
logo