タイガーマスク

タイガーマスク

梶原一騎の代表作の一つであるスポーツ漫画を東映動画がアニメ化。覆面レスラーとなった孤児出身の青年が、自分の養成した悪のプロレス組織と対決していく、スポーツ根性アニメの名作。

正式名称
タイガーマスク
ふりがな
たいがーますく
原作者
原作者
制作
東映動画
放送期間
1969年10月2日 〜 1971年9月30日
放送局
日本テレビ
話数
105話
ジャンル
プロレス
関連商品
Amazon 楽天

概要・あらすじ

孤児院ちびっ子ハウスで育った青年伊達直人は、悪役レスラーを養成する組織虎の穴で鍛え上げられ、タイガーマスクという覆面レスラーになった。しかし、経営難に苦しむちびっ子ハウスを助けるために、その50%を組織に上納すべきファイトマネーをその借金返済に当ててしまった。

虎の穴の掟を破り、裏切り者となった伊達直人には、次々と刺客レスラーが差し向けられ、リングの上で死闘が繰り広げられる。

登場人物・キャラクター

伊達 直人 (ダテナオト)

孤児院ちびっ子ハウスで育つが、少年時代にその腕っ節の強さを買われて、悪役レスラーを養成する組織虎の穴にスカウトされた。そこで厳しい訓練を受け、覆面レスラータイガーマスクとしてデビュー。 リングの上で悪役ファイトを発揮するが、経営難のちびっ子ハウスを助けるために、組織に上納が義務づけられているファイトマネーを使って借金を返済。それ以後、組織の裏切り者として、虎の穴が差し向ける数々の刺客レスラーとリング上で死闘を繰り広げる事となった。 虎の穴の刺客達と戦う中で、フェアプレイで戦う正統派レスラーへとファイトスタイルを転向。ジャイアント馬場を初めとする日本のプロレスラー達とも理解し合うようになり、日本を代表するレスラーの一人へと成長していく。 タイガーマスクの活動以外では覆面レスラーの正体を隠し、資産家の養子になったと偽って、キザで軽薄に振舞いながらちびっ子ハウスを援助する。

ミスターX (ミスターエックス)

悪役レスラーを養成する組織虎の穴の極東支部マネージャー。外見は紳士だが、冷酷。虎の穴を裏切ったタイガーマスクへ刺客を差し向け、つけ狙う。後に組織から「殺しのライセンス」を授けられ、リング外でも伊達直人を暗殺しようとした。 本名は不明。

高岡 拳太郎 (タカオカケンタロウ)

貧しい家族を支えるために、悪役レスラーを養成する組織 虎の穴の練習生となり、その間に死んだ母の仇と教えられたタイガーマスクへの刺客である覆面レスラー「イエローデビル」となった。対戦して敗北した後は、母の死の真相を知って、虎の穴から逃亡。 日本プロレス界で正統派レスラーケン田中として歩み始める。母の死後、妹の洋子はちびっ子ハウスで暮らしている。

若月 先生 (ワカツキセンセイ)

孤児院ちびっ子ハウス創設者である若月氏の息子で、若月ルリ子の兄。成長後、経営難で一度は解散したちびっ子ハウスを再開し、妹の若月ルリ子と共にその運営を引き継いだ。慢性的な経営難に頭を痛めながらも温厚な性格で、子供達にも決して怒ることがない。 劇中では、名前が登場しない。

虎の穴 (トラノアナ)

『タイガーマスク』に登場する組織。ヨーロッパのアルプス山中に巨大な翼を持つ虎の姿をした本部を構えている。赤いマスクを被った三人の支配者、そしてその影で君臨する虎の穴のボスによって支配されている。 世界各地から素質のある孤児を集めて、悪役レスラーに養成。その訓練は過酷であり、養成五年以内に集められた孤児の半数が死ぬ。訓練に耐えて悪役レスラーになった者は、ファイトマネーの50%を上納する義務を負い、従わない者は裏切り者として、刺客レスラーによってリング上でリンチによって殺される。 その掟を破ったタイガーマスクを執拗に狙った。本部には戦闘員や兵器も配置されている、規模の大きな組織である。

健太 (ケンタ)

孤児院ちびっ子ハウスで暮らす孤児の少年。腕白で負けず嫌いだが、ひねくれていた時期もあった。しかし、悪役から正統派へと転向したタイガーマスクのファイトを目の当たりにして、ファンになり、素直な性格を取り戻す。 伊達直人も、最初は金持ちのキザな男と嫌っていたが、タイガーマスクに憧れるようになるに伴い、慕うようになっていく。伊達直人がタイガーマスクとは知らない。

大門 大吾 (ダイモンダイゴ)

伊達直人と悪役レスラーを養成する組織虎の穴で共に修行した親友。虎の穴を脱走しようして失敗し、その命を助けた伊達直人に生涯恩義を感じていた。その後虎の穴でコーチを務めていたが、裏切り者となったタイガーマスクへの刺客となり、敗北。 責任を取らされて処刑されるところを脱走し、タイガーマスクのパートナーミスター不動としてリングにデビューする。

虎の穴のボス (トラノアナノボス)

悪役レスラーを養成する組織虎の穴を創設した支配者で、元々は天才的プロレスラーだった。普段は三人の支配者の影に君臨しているが、タイガーマスクの抹殺が出来ないことに業を煮やして、自ら覆面レスラーミラクル3としてリングに復活。 三人の支配者達がタイガーマスクに倒された後は、最強の刺客「タイガー・ザ・グレート」となって立ちはだかる。

三人の支配者 (サンニンノシハイシャ)

悪役レスラーを養成する組織虎の穴を支配するマスクを被った三人の謎の人物。その正体は、かつて世界を荒らしまわった三人の伝説の覆面レスラー、キング・タイガー、ビッグ・タイガー、ブラック・タイガーだった。

アントニオ猪木 (アントニオイノキ)

ジャイアント馬場と並ぶ日本プロレス界のエース。闘魂溢れるファイトスタイルを貫き、ジャイアント馬場に強いライバル意識を持つ。タイガーマスクの実力も評価しており、度々タッグも組んだ。実在の人物。

ジャイアント馬場 (ジャイアントババ)

タイガーマスクが悪役レスラーの頃からその素質を見抜き、正統派への転向を助言した日本プロレス界のエース。その巨体から繰り出す技で対戦相手を圧倒する、スケールの大きなファイトスタイルを身上とし、得意技は十六文キック。 タイガーマスクとタッグを組んだこともあり、覆面レスラーだけの選手権大会である覆面ワールドシリーズでは、タイガーマスクを助けるためにグレートゼブラという覆面レスラーになって参戦した。 実在の人物。

若月 ルリ子 (ワカツキルリコ)

孤児院ちびっ子ハウス創設者である若月氏の娘で、伊達直人とは幼馴染。経営難で一端は閉鎖されたちびっ子ハウスを、成長した兄の若月先生と共に再会させた。高校卒業後に保育士の資格を取得し、兄の若月先生を支えて、ちびっ子ハウス の苦しい経営を切り盛りしている。 ちびっ子ハウスの子供達には優しいが、理不尽な事には一歩も引かない強さも兼ね備えている。一緒に育った伊達直人を密かに愛しており、タイガーマスクとなった後には、その正体を明かされた。

イベント・出来事

覆面ワールドシリーズ (フクメンワールドシリーズ)

『タイガーマスク』に登場するプロレスの総当りリーグ戦形式の大会。参加選手は全員覆面レスラーのみで、30分一本勝負。あらゆる反則行為も許される。タイガーマスクも参加し、ピンチに陥るが、謎の覆面レスラーグレートゼブラに助けられる。

場所

ちびっ子ハウス (チビッコハウス)

『タイガーマスク』に登場する孤児院。伊達直人が引き取られて成長するが、経営難で一端閉鎖される。創設者の若月氏の死後、息子の若月先生と娘の若月ルリ子によって再開された。健太など孤児達が暮らしており、成長した伊達直人もしばしば慰問に訪れている。

その他キーワード

ウルトラ・タイガー・ドロップ (ウルトラタイガードロップ)

『タイガーマスク』に登場するプロレス技。タイガーマスクが使う必殺技。対戦相手を肩車したまま、リングのコーナーポストのトップロープからジャンプ。相手の頭をマットに叩きつける。技の名前はジャイアント馬場が命名した。

ウルトラ ・タイガー・ブリーカー (ウルトラ タイガーブリーカー)

『タイガーマスク』に登場するプロレス技。タイガーマスクが使う必殺技。リング上で、対戦相手を高く空中に蹴り上げ、落ちてくるところで背中に頭突き。そのまま頭を支点にして背骨を締め上げるアルゼンチン式バックブリーカーで仕留める。 技の名前はアントニオ猪木が命名した。

クレジット

原作

,

演出

田宮武 , 白根徳重 ,

脚本

, 三芳加也 , 安藤豊弘

音楽

菊池俊輔

アニメーション制作

東映動画

原作

タイガーマスク

悪役レスラー養成機関「虎の穴」出身の覆面レスラー、タイガー・マスクが、全国の孤児たちのために、「虎の穴」を裏切り、続々と送られてくる刺客レスラーたちと戦う姿を描いたプロレス漫画。梶原一騎原作、作画は辻... 関連ページ:タイガーマスク

SHARE
EC
Amazon
logo