ノノノノ

ノノノノ

スキージャンプ女子が冬季オリンピックの種目に採用されていなかった時代を舞台に、男子選手としてオリンピック出場を目指す主人公・野々宮ノノの奮闘を描いたスポーツ漫画。

概要

オリンピックでジャンプを失敗しメダルを獲得できなかった父親に代わって、メダルの夢を実現しようとする野々宮ノノは、男子種目のみであるオリンピックのノルディックスキージャンプに出場するため、自殺した双子の兄・野々宮悠太と名乗り活動する。ある日、スキージャンプの有望選手と勝負することになるが、とてつもない飛距離をたたき出し圧勝。

多くの関係者から注目を集め始める。ノノは男として振る舞いながら、金メダルを目指していくのであった。

登場人物・キャラクター

主人公

北海道余市町出身の少女。奥信高校のスキー部に所属する1年生。冬季オリンピックの男子ノルディックスキージャンプに出場するために、自殺した兄・野々宮悠太と名乗り、男装して活動する。戸籍上ではノノが死んだこ... 関連ページ:野々宮 ノノ

世界フィギュアスケート選手権で金メダルを取った実力者。多くの男性から告白されてきた経歴を持つ美少女だが、本人は野々宮悠太に扮した野々宮ノノを本物の男だと勘違いし、惹かれるように。ノノに告白したこともあ... 関連ページ:興梠 みかげ

野々宮ノノと同じ奥信高校のスキー部に所属する高校1年生であり、全国中学校体育大会で優勝した経歴を持つ。負けず嫌いな性格だが精神的に脆い部分があり、飛距離にも強く影響。祖父や父親もスキージャンプの選手と... 関連ページ:天津 暁

与田

人の潜在能力をオーラで判断できる雑誌記者。野々宮ノノから強烈なオーラを感じ取り、高い可能性を感じる。その後は彼女のことを追い始め、男装して活動に励んでいることも突き止めた。かつてはスキージャンプの選手であり、全日本で入賞した経歴の持ち主。縁なしメガネをかけている。

岸谷 弘基

野々宮ノノと同じ奥信高校のスキー部に所属する高校1年生で、ノノが女性であることを知る数少ない人物の1人。ノノの能力を高く評価している。先輩の尻屋潔とは小学校時代からの付き合い。スキージャンプでは向かい風のときは好記録を連発するが、無風だと悪い結果ばかりになる。

奥信高校スキー部に所属し、野々宮ノノの先輩。190cmを超える長身で体格もよく、インターハイ3位という成績も残したが、人望が無いため部長にはなれなかった。強い天然パーマがまるでアフロヘアーのようで、本... 関連ページ:尻屋 潔

新宮 学

奥信高校スキー部で、野々宮ノノの先輩。確かな実力を持ったジャンパーだったが、ジャンプ中にスキー板が外れる事故により内臓破裂の重症を負ってしまう。復帰後は再びインターハイを目指して地区予選に出場、事故の恐怖を乗り越えたジャンプを披露するも、ノノや尻屋潔に敗れた。

野々宮ノノの実父で、冬季オリンピックでスキージャンプ日本代表にも選ばれた過去を持つ。オリンピックでは金メダルの期待がかかったものの、怪我の影響で本番のジャンプで失敗。怪我の事実を隠していたため、日本国... 関連ページ:由良 悠介

スキージャンプの強豪校・雪野高校でも屈指の実力を誇る。前年度のインターハイ王者。野々宮ノノとは過去に一度対戦経験があり、その時はノノに敗れている。普段は落ち着いた性格だが、敗戦直後は女性に敗れた怒りを... 関連ページ:真岡 護

雪野高校スキー部に所属。前年度のインターハイでは準優勝に輝いた。クールな性格で、女性ファンにも最低限の反応しかしない。なんとしてでも勝つことを第一に考えている。対外的には掴みどころのない振る舞いをする... 関連ページ:笹宮 宙

雪野高校スキー部に所属。190cm以上の巨大な体に加え、高い動体視力と脚力を併せ持つ。スキージャンプでもその身体能力の高さを活かし、最強の高校生ジャンパーと言われるほどの実力者。反面、周囲の選手を見下... 関連ページ:赫 和也

伊東 賢一

岩手県にある遠野実業高校のエースジャンパー。スキージャンプの才能はもちろん、チームメイトをまとめるリーダーとしての資質も持つ。子供の頃にコーチの娘である綾に恋をしたことがスキージャンプを始めたきっかけで、その後約10年間にわたり徹底した練習を続けてきた。

かうて由良悠介とともに冬季オリンピックの日本代表に名を連ねた。現役引退後は指導者になり、新潟県の守門高校でコーチを務める。選手時代は正々堂々をモットーに戦っていたが、指導者になると徐々に考えが変わり、... 関連ページ:下里 広明

禰宜田 義親

秋田県の月山商業高校のエースジャンパーとして君臨する。暴力的で、殴り合いの喧嘩をする場面も。スキージャンプではフルフェイスのマスクを被る。競技をはじめて1年程度だが、抜群の集中力と風を視覚的に捉える能力で好成績を連発。しかし、着地や滑走に甘さが残り、それが敗退の原因となる。

野々宮 悠太

『ノノノノ』の登場人物。野々宮ノノの双子の兄。幼いころから父・由良悠介から厳しい指導を受け、スキージャンプの才能を開花させていった。しかし年々成績は伸び悩むと、最終的に父に完全に諦められ、絶望に打ちひしがれる。野々宮ノノにスキージャンプをやるよう遺書に残し、自宅を放火して自殺した。

SHARE
EC
Amazon
logo