佐々木 排世

佐々木 排世

東京喰種トーキョーグール:re(漫画)の主人公。読みは「ささき はいせ」。別称、ハイセ。

登場作品
東京喰種トーキョーグール:re(漫画)
正式名称
佐々木 排世
ふりがな
ささき はいせ
別称
ハイセ
関連商品
Amazon 楽天

概要

喰種対策局(CCG)所属。75期入隊。4月2生まれの牡羊座で22歳(『:re』開始時)。血液型AB型、身長:170cm、体重:58kg。階級は三等(入隊時)→一等(クインクス班指導官就任時)→上等(「オークション掃討作戦」後)→准特等(「月山家駆逐作戦」後)と昇進。Rc type:鱗赫クインケ:「ユキムラ1/3(甲赫 Rate:B)」。金木犀章および白単翼章を叙勲。髪の長さは額が完全に隠れる程度。生え際が黒く毛先が白いツートンカラー。丁度、毛染めから時間が経過した「プリンヘアー」の逆バージョンのような髪となっている。「20区梟討伐戦」において「半喰種」としてCCGに囚われたが、コクリア収容時に「金木研」であった当時の記憶を全て失ったこと、そして狂気の科学者・嘉納明博による「喰種化」施術の被害者であることなどが考慮され、「更正プログラム」の適用を受ける。その結果、三等捜査官としてCCGに入隊し、真戸班に配属された。ただし、彼の扱いには特別な内部規定が存在する。それは赫子が暴走し、やむを得ない場合、SSレート喰種「ハイセ」として、駆逐対象とされてしまうこと。極力Rc抑制剤などで沈静化を図るものの、常に同僚たちから駆逐される危険を背負う身である。なお、半喰種としてコクリアに収容されていた当時は、240番と呼ばれていた。排世という名前は、「更正プログラム」で捜査官登用が決まった際、有馬貴将と彼自身が考えたもの。有馬に好きな漢字をふたつ選べと言われた彼が、「珈琲」と世界の「世」を候補に挙げ、そこから有馬「排世」と名付けた。月山家の使用人カナエ・フォン・ロゼヴァルトが指摘したように、偶然ではあるがハイセ(heiße)はドイツ語で「~という名前である」という動詞。そのため佐々木排世は、「佐々木という名前である」となり、「名無し」を意味する。 一等捜査官に昇格した後、CCG局長・和修吉時の指示の下に創設された実験部隊、クインクス班(Qs)の指導官に任ぜられる。「金木研」としての記憶は失っているものの、他者を思いやる優しい性格などは変らぬまま。問題児揃いのクインクス班の面々に手を焼きつつも、彼らを自分の子供のように感じ、かいがいしく世話をする。実際Qsの一員である米林才子からは「ママン」と呼ばれている。また、読書好きな面も相変わらずで、有馬貴将に頼まれて、オススメの本を届けることも。ただ、高槻泉の作品を評価しつつも苦手だという部分は、過去の自分との最大の違いと言えるかも知れない。なお、有馬にはときおり稽古なども付けてもらっており、過去のコクリアでの経緯も相まって、排世は彼を父親のように感じている。また、厳しいながらも面倒見の良い上司・真戸暁を母として慕っている。さらに珈琲好きな点もかつてと同じ。美味しい珈琲を嗅ぎ分ける「鼻赫子」を持つと冗談を飛ばすが、実際その「鼻赫子」の導きで、霧島董香を始めとするかつての仲間が集う喫茶「:re」に辿り着くこととなる。「トルソー」(冴木空男)追跡中に遭遇した「オロチ」(西尾錦)との戦い、そしてこの喫茶「:re」で出会ったトーカの淹れた珈琲を口にしたことをきっかけに、排世の過去の記憶が揺り動かされることになる。 当初は今までの築き上げてきた暮らしが壊れてしまうことを危惧し、排世は金木研だった過去を思い出すことを恐れていた。そのせいもあって、戦いにおいては赫子に頼りすぎないように意識してきた。心の中に潜むもう一人の凶暴な自分に身体を預けたら最後、もう元には戻れないような気がして。だが「オークション掃討作戦語」の際、「オウル」と戦う過程で金木研の人となりの一端を知り、彼を救うことも自分の役目なのだと思うようになる。以後、捜査の過程で自分が「眼帯の喰種」と呼ばれていたことを知ると、当時の資料を漁ったり、危険を承知で月山習に喰種かどうかを尋ねた上で、金木研についての情報提供を乞うなど、過去の自分を積極的に探っていく。その一方で、今まで感じなかった過去を知らないことの不安に直面し、感情的になることもある。不思議なことに、排世の意識が金木研に向うのと呼応するかのように、彼の髪は黒い部分が増加していく。そして「月山家駆逐作戦」中に遭遇した、エトの赫子を捕食して以降は、完全な黒髪となる。また時期を同じくして眼鏡を着用するようになるが、視力の低下によるものなのか、単なるファッションなのかは不明。ただし、過度な赫子の使用や、再生を繰り返してきた彼の身体は、一般的なヒトよりもかなり早いサイクルで細胞分裂を行っており、テロメアの限界が近づいていた可能性は高い。なお、髪色の方は「金木研」として「隻眼の王」となって以降は、黒髪から一転して完全な白髪となっている。

登場作品

東京喰種トーキョーグール:re (とうきょうぐーる り)

外見上は人間とほぼ同じだが、人間を捕食して生きる謎の存在・喰種。事故がきっかけで、そんな喰種と人間の狭間に立つ存在となってしまった青年・金木研の苦悩と戦いの日々を綴った石田スイのデビュー作『東京喰種』... 関連ページ:東京喰種トーキョーグール:re

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

関連人物・キャラクター
瓜江 久生
六月 透
logo