瓜江 久生

瓜江 久生

東京喰種トーキョーグール:re(漫画)の作品登場人物。読みは「うりえ くき」。別称、ウリエ。

登場作品
東京喰種トーキョーグール:re(漫画)
正式名称
瓜江 久生
ふりがな
うりえ くき
別称
ウリエ
関連商品
Amazon 楽天

概要

喰種対策局(CCG)所属。第七アカデミー・ジュニア出身、77期入隊。2月12生まれの水瓶座で19歳(初登場時)。血液型O型、身長:173.5cm、体重:60kg。階級は二等捜査官(入隊時)→一等捜査官(「オークション掃討作戦」後、同時に特別功労者として木犀賞を受勲)→上等(「道化師騒動」後)と昇進。2月12生まれの19歳。

Rc type:甲赫クインケ「ツナギ 尾赫(plain)」→「銀喰(尻赫 Rate :SS)」、インプラント・尾赫 Rate:C。黒髪で後頭部を刈り上げたさっぱり目の髪型。三白眼で、左目の下に二つ並んだ泣きぼくろが特徴的。油絵が趣味で、鼻腔の奥を突き刺すテレピンオイルの匂いに癒しを感じる。

かなりの毒舌家だが、通常は本音を心の中で語るだけに留めて(括弧つきで表現)、まったく別の言葉を発する。アカデミー特待生の上に、飛び級で教練を受けた優等生。幼少時、捜査官だった父・幹人に憧れ、同じ道を歩むことを夢見ていた。作戦中に自分の父を見捨てた黑磐巌に対する強い憎しみと、その息子である黑磐武臣への対抗心を抱いている。

アカデミーの主席は自分であるにも関わらず、注目を集めるのは武臣だったこと、武臣自身がそれを気にもかけず、瓜江久生を全く意識していないように見えることなども、腹に据えかねる一因となっている。武臣を含めて、周囲に自分を認めさせたいという欲求から上昇志向が強く、スタンドプレイに走りがち。手柄を挙げるためなら手段を選ばず、同僚たちを利用することも厭わない。

また、力にこだわるあまり、指導官である佐々木排世にも無断で、自らのフレーム解放を急ぐなど、危うい側面が目立つ。そんな姿勢が祟って一時クインクス班(Qs)の班長から降格されたが、「月山家駆逐作戦」終了後、再び班長に就任して以降は、仲間を大切に行動するようになる。

その行動理念の根幹を成すのは「誰一人失わないこと」。指導官として新人の教育もしっかりと行っている。もっとも、腹黒い部分は健在で、個人的には嫌悪している和修政特等に取り入りつつ、強かに出世を狙っている。ただし出世の目的は、以前のような個人的な動機ではなく、不知吟士の妹であるハルの治療費を恒久的に捻出するためである。

仲間を想うようになった一方で、彼らを守るために無理をしすぎる面も出てきたため、クインクスの主治医を務める柴からは、有馬貴将宇井郡鈴屋什造などと同じく特等になる器だと評価されつつも、フレーム解放を控えるよう助言を受ける。だが「ドナート・ポルポラ」との戦いで限界を超えて「フレームアウト」状態に陥り、人間に戻れなくなる寸前にまでなったが、米林才子を始めとするQsの仲間に助けられ難を逃れた。

「ノロ」討伐の報償としてクインケ「銀喰(尻赫 Rate:SS)」を拝領。「道化師」によるCCG襲撃騒動の後、「所在不明」となった和修政に代ってS2班に就任、それに伴って上等捜査官に昇級した。

CCGに囚われた小坂依子の救出に動いた際は、過去の経緯に目をつむって黑磐巌と協力。彼の口から、武臣が常々自分を高く評価しており、良き友人でライバルだと思っていることを知らされる。また、巌と共闘を行う過程で、憎しみに凝り固まっていた心が、徐々に解きほぐされていく。

登場作品

東京喰種トーキョーグール:re (とうきょうぐーる り)

外見上は人間とほぼ同じだが、人間を捕食して生きる謎の存在・喰種。事故がきっかけで、そんな喰種と人間の狭間に立つ存在となってしまった青年・金木研の苦悩と戦いの日々を綴った石田スイのデビュー作『東京喰種』... 関連ページ:東京喰種トーキョーグール:re

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

関連人物・キャラクター
佐々木 排世
六月 透
logo