由良 悠介

由良 悠介

ノノノノ(漫画)の登場人物。読みは「ゆら ゆうすけ」。野々宮 ノノ、野々宮 悠太とは親族関係にある。

登場作品
ノノノノ(漫画)
正式名称
由良 悠介
ふりがな
ゆら ゆうすけ
関連商品
Amazon 楽天

概要

野々宮ノノの実父で、冬季オリンピックでスキージャンプ日本代表にも選ばれた過去を持つ。オリンピックでは金メダルの期待がかかったものの、怪我の影響で本番のジャンプで失敗。怪我の事実を隠していたため、日本国内では大バッシングを受けることになった。元々は細かいことを気にしない朗らかな性格だったが、オリンピックを機に厳しい性格へと変貌。

息子の野々宮悠太をスキージャンプ選手として徹底的に鍛えるようになった。

関連人物・キャラクター

野々宮 ノノ

北海道余市町出身の少女。奥信高校のスキー部に所属する1年生。冬季オリンピックの男子ノルディックスキージャンプに出場するために、自殺した兄・野々宮悠太と名乗り、男装して活動する。戸籍上ではノノが死んだこ... 関連ページ:野々宮 ノノ

野々宮 悠太

『ノノノノ』の登場人物。野々宮ノノの双子の兄。幼いころから父・由良悠介から厳しい指導を受け、スキージャンプの才能を開花させていった。しかし年々成績は伸び悩むと、最終的に父に完全に諦められ、絶望に打ちひしがれる。野々宮ノノにスキージャンプをやるよう遺書に残し、自宅を放火して自殺した。

登場作品

ノノノノ

スキージャンプ女子が冬季オリンピックの種目に採用されていなかった時代を舞台に、男子選手としてオリンピック出場を目指す主人公・野々宮ノノの奮闘を描いたスポーツ漫画。 関連ページ:ノノノノ

SHARE
EC
Amazon
logo