草薙 素子

攻殻機動隊 THE GHOST IN THE SHELL(漫画)の主人公。読みは「くさなぎ もとこ」。別称、少佐。

  • 草薙 素子
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
攻殻機動隊 THE GHOST IN THE SHELL(漫画)
正式名称
草薙 素子
ふりがな
くさなぎ もとこ
別称
少佐

総合スレッド

草薙 素子(攻殻機動隊 THE GHOST IN THE SHELL)の総合スレッド
2016.01.25 12:39

新着関連ガイド

アンドロイドやロボット、サイボーグなどの機械の体を持つ女性キャラ
マンガペディア公式 2017.01.09 20:00

概要

通称は少佐公安9課の実戦部隊リーダーで、完全義体(脳と脊髄以外がすべて人工物)の女サイボーグ。内務大臣麾下の特殊部隊だったが、ある作戦で部隊を足切りしようとした大臣の作戦が気に入らず、ぶん殴ってしまったために解散。その後、荒巻大輔に誘われ、公安9課(攻殻機動隊)に移籍した。

義体はベースのボディは量産型だが、内部パーツは超高級品を使用しており、規格外のパーツも多い。その高性能な義体を遺憾なく操ることで、格闘、射撃はもちろん、電脳戦でもウィザード級(超天才電脳技術師級)の腕前を発揮する。かつては自衛隊に所属し、先の大戦で根室上陸工作戦に参加していたようだが(当時を知る者は彼女を三佐と呼ぶ)、その経歴はほとんど語られていない。

草薙素子という名前も偽名である可能性が高い。

関連キーワード

『攻殻機動隊 THE GHOST IN THE SHELL』に登場する組織。別名攻殻機動隊。国際救助隊という建前で荒巻大輔が創設し、指揮する非公開の特殊部隊。内閣総理大臣直轄で、犯罪の芽の捜査と除去を...

登場作品

第三次核大戦、第四次非核大戦を経て、大幅に世界構造が変化した西暦2029年の日本。マイクロマシン技術の飛躍的な発展により、脳とネットワークを直接接続する電脳化、それにアンドロイドやサイボーグが日常的な...