長平の戦い

  • 長平の戦い
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
キングダム(漫画)
正式名称
長平の戦い
ふりがな
ちょうへいのたたかい

総合スレッド

長平の戦い(キングダム)の総合スレッド
2016.06.08 19:19

概要

紀元前260年(中国の戦国時代)に、が長平(現山西省高平市)で雌雄を決した戦い。秦が中華統一を成し遂げるまでには数々の戦いがあったが、最大にして最悪の戦いと言われている。最終的には秦の大勝利となり、秦の白起将軍が投降してきた趙兵40万人を生き埋めにしたため、趙の国力の衰亡を招いた。ただし、この人数は誇張されていると言われており、史実としてはその1/10以下の人数の可能性が高い。中国の当時の軍編成は基本が500人単位で、この500人が旅と呼ばれ、旅が5つ集まった2500人の軍団を師と呼んだ。師が5つ集まった1万2500人が軍だった。春秋時代の最強国家・晋でさえ6軍、つまり7万5000人しか持っていなかったのだ。長平の戦いの時代には、長い戦乱のため人口も春秋時代より増えてはいない。また、趙自体が晋が3つに別れて出来た国のため、晋と同じだけの兵力を動員するには無理がある。戦国時代の趙の総人口は、200〜220万人位と言われている。徴兵できた兵力は多くても4万人位(その他の雑兵を合わせても8万人位)が現実的だ。また長平の戦い以外に趙は匈奴らとの戦いもかかえていたので全ての兵を長平の戦いに動員は出来ず、精々その半分の2万人位が趙軍の総人数だった。戦死や逃げ去る兵士も多かったことを考慮すると、長平の戦いで生き埋めになったのは1万人以内と推定できる。

また、『史記』の白起・王翦列伝第十三で司馬遷は長平の戦いについて下記のように記している。

『史記』白起・王翦列伝第十三:長平の戦いは上党をめぐる戦いだった。元々上党は北へ突出したの領土で豊かな土地であったが、長平の戦いは韓と秦ではなく、趙と秦の戦いとなった。昭王在位45年目。白起が韓の野王城を攻略し、野王城は秦に降服。上党から韓の都への道が断たれる。このため上党だけが飛び地になってしまった。上党の太守・馮亭は領民と相談し、「韓はもはやあてにすることが出来ない。いっそのこと上党は北の趙につくというのはどうか? 趙が上党を受け取れば、秦は怒って趙を攻めるだろう。趙に戦いが波及すれば、趙と韓はきっと和親する。韓と趙が一つになれば、秦に対抗することができる。」との結論から馮亭は使いを趙へ派遣する。(中略)結局、上党は趙の領土となる。

昭王在位47年目。秦は秦の六大将軍のひとり王齕を韓に侵攻させ上党を奪う。上党の民は趙へ逃げ、趙は長平へ出兵し秦と戦う。4月、秦の王齕はなおも趙を攻め趙の廉頗と戦う。

7月、趙の軍は土城を築き秦はその土城を攻撃し続けたが、廉頗の守りは堅く、趙兵は土城に立てこもり打って出なかった。廉頗には趙王から「なぜ出撃して戦わないのか!」という叱責が飛んだが、動こうとしなかった。そこで秦の宰相・范雎(はんしょ)が計略を練って、趙へスパイを送り込み、金と噂をばら撒いた。その内容は「秦が恐れているのは、趙括が総大将になることだ。廉頗は相手にもならない。やがて降参するだろう。」というもの。趙王は廉頗が城を守るばかりで打って出ないことに激怒しており、秦のスパイの流した噂にまんまとはまり、趙括を廉頗に代わる将軍として長平へ送り込んだ。

趙括は趙の名将・趙奢の息子で、軍略に長けていると評判だったが実は実戦経験のない素人にすぎなかった。秦は趙括が将軍となった好機を逃さず、百戦錬磨で無敗の名将白起を総大将に任命し、王齕を副将にした。秦は白起が総大将になったことを秘密にし、趙括を迎え撃った。秦軍は負けたふりをしながら退却。趙の軍はまんまと騙され、これを追撃し秦を深追いした。そこへ秦の別働隊が、2万5000人が趙軍の後ろから挟み撃ちにした。趙軍は2つに切り分けられ、食糧調達も不可能となる。趙軍は仕方なくそこに陣地を築き、応援部隊の到着を待った。しかし秦軍は、趙の本国からの救援物資や食糧の輸送路を完全に断つ。

9月、趙の兵たちは46日間飲まず食わずのため、殺し合い、お互いの肉を食べることに。趙括はやむを得ず討って出るが殺害され、趙軍は大敗を喫した。趙の兵士40万人は白起に完全降服したが、白起は「さきに秦は上党をおとしたが、その領民は秦に属したくないのか、趙についた。趙は結局裏切るだろう。全部殺しておかなければ、反乱の恐れがある。しかも食料も膨大に必要だ。」との考えから、趙兵たちを残らず生き埋めにして殺した。ただ、まだ少年だった240人だけは趙へ帰した。この戦いで、首を取り捕虜としたものは前後あわせて45万人。趙は大いに動揺し、秦を深く恨んだ。

登場作品

世界観『キングダム』は戦国時代後期(紀元前245年以降)、後の始皇帝・嬴政が少年だった頃の中国を舞台に始まる。その頃、「戦国の七雄」と呼ばれる秦、楚、斉、燕、趙、魏、韓が覇を競い合い、戦いを繰り広げて...