概要

関東地獄地震で無法地帯と化した関東に忽然と現れた謎の大男。ゴリラのような筋肉と狼のような牙を持つ。身長2m20cmの巨人だが、サッカー選手並みのスピードと敏捷性がある。刃渡り40cmの鉈のようなジャックナイフが武器。人語を解する黄金の鷲を伴っていることもある。

バイオレンスジャックが現れた町は必ず滅びるとも、関わった人間を戦いに巻き込むとも噂される怪物。関東を暴力で支配しようとする魔王スラムキングの店で大暴れし、同行した逞馬竜ら、浮浪児グループとスラムキングの対立を生む。また、スラムキングとの一騎打ちでも止めを刺さなかったため、スラムキングの怒りを買い、をさらに追い詰めることになる。

関連キーワード

ジャックナイフ

『バイオレンスジャック 東京滅亡編/関東スラム街編』に登場する武器でバイオレンスジャックが使う。刃渡り40cm、幅8cm、みねの厚さ1cmという鉈のような巨大なジャックナイフ。スラムキングの斬馬刀をも... 関連ページ:ジャックナイフ

登場作品

バイオレンスジャック 東京滅亡編/関東スラム街編

197X年9月10日。関東一円をマグニチュード8.9の巨大地震が襲う。のちに関東地獄地震と呼ばれたこの天災は、津波、地盤沈下、火山噴火といった天変地異や都市災害を引き起こし、多くの人々の命を奪う。かつ... 関連ページ:バイオレンスジャック 東京滅亡編/関東スラム街編

SHARE
EC
Amazon
logo