バルドウィン・シシル・イフリキア

それでも世界は美しい(テレビアニメ)の登場人物。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
それでも世界は美しい(テレビアニメ)
正式名称
バルドウィン・シシル・イフリキア
ふりがな
ばるどうぃんししるいふりきあ

総合スレッド

バルドウィン・シシル・イフリキア(それでも世界は美しい)の総合スレッド
2016.03.22 15:53

概要

晴れの大国の先王レオニダスIII世の末の異母弟で、リビの叔父であり唯一の血縁者である。金の瞳で、金髪のロングヘア。リビが即位したときには宰相を務めていたが、ある日突然、吟遊詩人となって国を出て行った。

リビの母親シーラに想いを寄せていたため、彼女亡きあと宰相としてリビを見守っていたが、リビが心を失くしてしまったため彼の元を去っていた。しかし、リビの婚約の噂を聞き、ニケを見極めるために国に戻った。

登場作品

晴れの大国の太陽王リヴィウス一世の退屈しのぎのために嫁ぐこととなった、雨の公国の第4公女ニケ。自国のためと思い、見も知らぬ男の元に嫌々ながら嫁いでいくと、そこにいた王は自分より年下の少年であった。 美...