上原 正三

上原 正三

日本の脚本家。読みは「うえはら しょうぞう」。作品に「ドロロンえん魔くん」(脚本)、「ゲッターロボ」(脚本)等。

正式名称
上原 正三
ふりがな
うえはら しょうぞう
誕生日
1937年2月6日
出生地
沖縄県
関連商品
Amazon 楽天

概要

東京の大学を卒業後、一旦帰郷するが文化庁芸術祭に出展した作品が佳作入賞して再上京。これが契機となって円谷プロダクションに入社。1964年の故郷のローカル局テレビドラマ「しみるするぬーが」にて初の脚本を手掛ける。特撮作品「ウルトラQ」でメジャーデビューすると「帰ってきたウルトラマン」でメインライターとなる。その2年後、『ドロロンえん魔くん』で初のアニメ作品を手掛け、翌年には『ゲッターロボ』でメインライターを務める。スーパー戦隊シリーズのほかにメタルヒーローシリーズを手掛けたことが有名で、特に「宇宙刑事」シリーズは現在も根強いファンが多い。

ヒストリー

1971年

『帰ってきたウルトラマン』でデビュー。

作品

ドロロンえん魔くん

脚本

ゲッターロボ

脚本

1975年

ゲッターロボG

脚本

1975年

宇宙円盤大戦争

脚本

1975年

UFOロボ グレンダイザー

脚本

1976年

大空魔竜ガイキング

脚本

1977年

アローエンブレム グランプリの鷹

脚本

宇宙海賊キャプテンハーロック

脚本

1983年

光速電神アルベガス

脚本

1984年

ビデオ戦士レザリオン

脚本

北斗の拳

脚本

2002年

幻魔大戦 神話前夜の章

全話脚本

2002年

魔王ダンテ

全話脚本

1988年

ワット・ポーとぼくらのお話

脚本

SHARE
EC
Amazon
logo