摂津のきり丸

摂津のきり丸

落第忍者乱太郎(漫画)の登場人物。読みは「せっつの きりまる」。別称、きり丸、きりちゃん。

登場作品
落第忍者乱太郎(漫画)
正式名称
摂津のきり丸
ふりがな
せっつの きりまる
別称
きり丸、きりちゃん
関連商品
Amazon 楽天

キャラクター紹介

『落第忍者乱太郎』の登場人物。忍術学園猪名寺乱太郎のクラスメイトで、寮の同室。戦で両親を亡くしており、10歳ながらアルバイトで生計を立てている。そのせいもあり大変なドケチで金に目がない。天涯孤独の身のため、学園が長期休みの間は担任の土井半助の家で世話になっている。委員会は図書委員会に所属。

アニメーションでの摂津のきり丸

『忍たま乱太郎 第1シリーズ』

1993年4月から1994年3月まで放送されていたTVシリーズ第1弾。 忍術学園、一年は組の生徒。アルバイトで稼いだお金で入学し、学園の長期休みには土井先生の家に居候。お金が大好きで、音を聞いただけで貨幣の種類が分かる特技を持つ。

『忍たま乱太郎 第2シリーズ』

1994年10月~1995年3月まで放送されていたTVシリーズ第2弾。 学費や生活費を自力で稼いでるためか「安い」「タダ」という言葉に弱くドケチ。学園の長期休みには教科担当教師土井先生のところで生活している。テストで0点を取ってしまった答案が、くの一の教室に飛んで行ってしまい慌てる場面もある。

『忍たま乱太郎 第3シリーズ』

1995年10月~1996年3月まで放送されていたTVシリーズ第3弾。 お寺の鐘が盗まれた後に作られたビタ銭を見て、これはお寺の鐘からできていると見破り犯人を捜す場面がある。

『忍たま乱太郎 第4シリーズ』

1996年4月~1997年9月まで放送されていたTVシリーズ第4弾。 連れ去られた食堂のおばちゃんを探したり、第三協栄丸のところまでお使いに出たり、忍者修行以外にも何かと忙しい日々を送る。

『忍たま乱太郎 第5シリーズ』

1997年4月~1998年9月まで放送されていたTVシリーズ第5弾。 八方斎率いるドクタケ忍者や山賊と日々戦いつつ、学園長命令の特別補習授業を受けたり、山田先生のおつかいに出たりと忙しい毎日を送る。

『忍たま乱太郎 第6シリーズ』

1998年4月~1998年6月まで放送されていたTVシリーズ第6弾。 ハチミツを売って儲けようとハチの巣を取るが、ハチに追いかけられて学園に逃げ込む。同時にハチから逃れるために「は組」は「忍者の走り方」を教わることになる。

『忍たま乱太郎 第7シリーズ』

1999年4月~1999年7月まで放送されていたTVシリーズ第7弾。 乱太郎、しんべヱとおつかいに出るが、道に迷い不気味な森の中に入り込んでしまう場面がある。

『忍たま乱太郎 第8シリーズ』

2000年4月~2000年7月まで放送されていたTVシリーズ第8弾。 ときに、自分で干物をつくり、休みの日などに売りさばいては銭を稼いでいる。

『忍たま乱太郎 第9シリーズ』

2001年4月~2001年7月まで放送されていたTVシリーズ第9弾。 本来はドケチのはずが、落ちている小銭を拾わず、食券をみんなにプレゼントするなど、異質な行動をする場面がある。

『忍たま乱太郎 第10シリーズ』

2002年4月~2002年7月まで放送されていたTVシリーズ第10弾。 花の名所キノコ谷で、みんながオシロイシメジの忍者の動きを調べている間に、花見をしないともったいないと思い、ひとり花見見物をしたりする。

『忍たま乱太郎 第11シリーズ』

2003年4月~2003年9月まで放送されていたTVシリーズ第11弾。 強そうなおばさんと自称剣豪の花房牧之介の対決に人がたくさん集まるのを見て、まんじゅうを売って銭儲けを目論んだりする。

『忍たま乱太郎 第12シリーズ』

2004年4月~2004年7月まで放送されていたTVシリーズ第12弾。 サンコタケ城で合戦がある情報を耳にしたため、学園の倉庫に大量のカボチャを仕入れたりする。

『忍たま乱太郎 第13シリーズ』

2005年4月~2005年6月まで放送されていたTVシリーズ第13弾。 学園長の思いつきで開かれる武道大会で優勝すると賞金が出ると聞き、がぜん優勝を狙う。

『忍たま乱太郎 第14シリーズ』

2006年4月~2006年6月まで放送されていたTVシリーズ第14弾。 ある日、ドケチのスランプに陥ってしまったため、ドケチ師匠のおりん婆さんのところで修行のやり直しをする。

『忍たま乱太郎 第15シリーズ』

2007年4月~2007年6月まで放送されていたTVシリーズ第15弾。 封筒の宛名書きのバイトを時間までに間に合わせるために乱太郎としんべヱにも手伝ってもらうが、間違いが多く思ったよりもお金がもらえなくてガッカリする。

『忍たま乱太郎 第16シリーズ』

2008年3月~2008年6月まで放送されていたTVシリーズ第16弾。 事務員・小松田秀作の実家の扇子屋でアルバイトに励む時もある。図書室で古い日記を見つけたが、中には恐ろしいことが書いてあり、しかも学園長の日記らしいと聞きどうしたらいいか不安になる。

『忍たま乱太郎 第17シリーズ』

2009年3月~2009年7月まで放送されていたTVシリーズ第17弾。 見世物小屋で人気の軽業師が小銭をたくさん稼いでいる姿を見て、軽業師の弟子にしてもらおうと志願したりする。

『忍たま乱太郎 第18シリーズ』

2010年3月~2010年9月まで放送されていたTVシリーズ第18弾。 フリーで売れっ子忍者の山田利吉が、仕事がありすぎて手が回らす困っていることを知り、自分に手伝わせて欲しいと願い出る。

『忍たま乱太郎 第19シリーズ』

2011年3月~2011年7月まで放送されていたTVシリーズ第19弾。 ドケチの師匠のおりん婆さんと共に、大男のもとにも借金取りに出かけたりする。また、六年生の潮江文次郎七松小平太中在家長次と団子屋のアルバイトで誰が団子を作るかでモメる場面がある。

『忍たま乱太郎 第20シリーズ』

2012年4月~2012年11月まで放送されていたTVシリーズ第20弾。 三年ろ組・浦風藤内の真面目な性格を利用しアルバイトを手伝ってもらったため、浦風にご馳走すると言い出し乱太郎たちを驚かせる。

『忍たま乱太郎 第21シリーズ』

2013年3月~2013年7月まで放送されていたTVシリーズ第21弾。 乱太郎、しんべヱと共に登校するが、その日は3人だけの補習授業だったりする。

関連人物・キャラクター

土井 半助

キャラクター紹介『落第忍者乱太郎』の登場人物。猪名寺乱太郎の所属する忍術学園1年は組の担任で、教科を担当する若い教師。さまざまな問題を起こす生徒たちの面倒を見続けた結果、神経性胃炎を患う。かまぼこやち... 関連ページ:土井 半助

関連キーワード

忍術学園

『落第忍者乱太郎』に登場する、忍術を教える架空の学校。全寮制で、入学資格は10歳以上。入学金さえ払えば誰でも入学することができる。全部で6学年まで存在し、各学年「い」から「は」まで3クラスが登場してい... 関連ページ:忍術学園

登場作品

落第忍者乱太郎

忍術学園に入学した少年猪名寺乱太郎を中心に、個性豊かな生徒たちが学園内外の事件に取り組むギャグ漫画。三ヶ月ごとの集中連載という形式で掲載されるため、連載が再開する度に登場人物たちが説明口調で自己紹介す... 関連ページ:落第忍者乱太郎

SHARE
EC
Amazon
logo