洪 秀英

ヒカルの碁(漫画)の登場人物。読みは「ほん すよん」。

  • 洪 秀英
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
ヒカルの碁(漫画)
正式名称
洪 秀英
ふりがな
ほん すよん

総合スレッド

洪 秀英(ヒカルの碁)の総合スレッド
2016.01.25 12:36

概要

進藤ヒカルより1つ年下の韓国人の少年。初登場時は韓国の院生である研究生だった。スランプ中に日本に来ていた際、韓国人の集う碁会所を訪ねた進藤ヒカルと対局し敗北したことをきっかけに闘志を取り戻し、のちにプロ棋士となった。後頭部を刈り上げたおかっぱ頭をしている。

登場人物・キャラクター

物語開始時は小学6年生。藤原佐為に取り憑かれたことがきっかけで初めて囲碁に触れる。当初は藤原佐為の強い望みに従い囲碁を打っていたが、ライバルとなる塔矢アキラとの出会いなどを通じて自身も囲碁の魅力に目覚...

登場作品

進藤ヒカルはある日、祖父の持つ古い碁盤に宿っていた棋士の幽霊・藤原佐為に取り憑かれてしまい、彼の言いなりに囲碁を始める。しかし、ライバルとなる塔矢アキラとの対局をきっかけに、自身も囲碁の魅力を知り、ま...