社 清春

ヒカルの碁(漫画)の登場人物。読みは「やしろ きよはる」。

  • 社 清春
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
ヒカルの碁(漫画)
正式名称
社 清春
ふりがな
やしろ きよはる

総合スレッド

社 清春(ヒカルの碁)の総合スレッド
2016.01.25 12:36

概要

進藤ヒカルと同い年の、関西のプロ棋士の拠点である関西棋院所属の棋士。生まれは東京だが大阪で育ち、関西弁を使う。対局では定石と異なる奇手を使うことが多い。高校を卒業することをプロになることの条件として父親から提示されたため、進藤ヒカルらと異なり高校に通っている。進藤ヒカル塔矢アキラとともに北斗杯の日本代表として戦った。

登場人物・キャラクター

物語開始時は小学6年生。藤原佐為に取り憑かれたことがきっかけで初めて囲碁に触れる。当初は藤原佐為の強い望みに従い囲碁を打っていたが、ライバルとなる塔矢アキラとの出会いなどを通じて自身も囲碁の魅力に目覚...

登場作品

進藤ヒカルはある日、祖父の持つ古い碁盤に宿っていた棋士の幽霊・藤原佐為に取り憑かれてしまい、彼の言いなりに囲碁を始める。しかし、ライバルとなる塔矢アキラとの対局をきっかけに、自身も囲碁の魅力を知り、ま...