『猿蟹合戦』

『猿蟹合戦』

日本のアニメの創始者の一人であり、洋画家からアニメの道に進んだ「北山清太郎」の第一作。日本の昔話を短編アニメ化したもの。現存するフィルムは確認されていないが、雑誌「活動之世界」所載の図版によれば白黒の線画アニメである。北山自身の解説によると、黒インクないし墨汁でケント紙に直接描き込んだもの。資料により『サルカニ合戦』『サルとカニの合戦』とも表記される。

正式名称
『猿蟹合戦』
ジャンル
民話、伝承
関連商品
Amazon 楽天

概要

腹を減らしたを相手に、自分の持つ柿の種とが持つ握り飯の交換を持ちかける。が蒔いた柿の種は大きな木に育ち、沢山の実をつけた。は柿の実を取ってやろうと言って木に登るが自分が食べてばかりいる。

に固い柿の実を投げつけられたは死んでしまい、亡骸から子蟹が生まれた。親の仇を取ろうとする子蟹らが助太刀し、の家で待ち伏せてを散々に懲らしめる。

登場人物・キャラクター

猿から貰った柿の種を育てるが、猿に柿の実を投げつけられて死亡。

ずる賢い猿。蟹の握り飯を手に入れ、柿の実を投げつけて蟹を殺した。

子蟹

蟹の亡骸から生まれ、親の仇を取ろうとする。

蟹の仇を取ろうとする子蟹に加勢し、囲炉裏に隠れて爆ぜ猿に火傷を負わせた。

蟹の仇を取ろうとする子蟹に加勢し、水甕に隠れて猿を刺した。

蟹の仇を取ろうとする子蟹に加勢し、庇に隠れて猿を押し潰した。

SHARE
EC
Amazon
logo